【最新】銀行からお金を借りる方法

スムーズに銀行からお金を借りる

銀行カードローンお申込の流れ&特徴

提携コンビニATMから24時間365日気軽にお金を引き出せる
フリーローンである⇒用途が自由で使い勝手が良い!
審査もスムーズで即日融資が可能

銀行カードローンのメリット

※ページ下部に詳細情報を記載しています※


銀行カードローンランキング

厳選の1社!【とにかく低金利重視】

低金利で借りたい!銀行カードローン


>>三菱東京UFJ銀行 ▼今すぐチェック!



 三菱東京UFJ銀行カードローン

大手銀行ならではの低金利で安心!



 じぶん銀行カードローン

書類提出が原則不要!簡単ネット完結!



新生銀行カードローン レイク

大手銀行ならでは即日融資&低金利で安心!


【2大条件ランキング】

低金利重視 スピード重視
低金利でお金を借りたい!安心感がほしい!という方は大手銀行をチョイス! すぐにお金を借りたい!という方は審査が柔軟で即日融資可能な銀行系をチョイス!!

会社一覧

同時にお申込みをする際は、最大3社までがベストです(ご融資の確実性を上げるため)
休日 詳細情報 金利 融資限度額 融資速度
プロミス 4.5% 〜 17.8% 500
万円
★★★★★
アコム 3.0% 〜 18.0% 800
万円
★★★★☆
アイフル 4.5% 〜 18.0% 500
万円
★★★★☆
三菱東京UFJ銀行 1.8% 〜 14.6% 500
万円
★★★★☆
三井住友銀行 4.0% 〜 14.5% 最高
800万円
★★★★☆
新生銀行カードローン レイク 4.5% 〜 18.0% 500
万円
★★★★☆
オリックス銀行カードローン 1.7% 〜 17.8% 最高
800万円
★★★☆☆
イオン銀行カードローン 3.8% 〜 13.8% 10万円〜800万円
(10万円単位)
★★★☆☆
イオン銀行イオンアシストプラン 3.8% 〜 13.5% 30〜700
万円
★★☆☆☆
じぶん銀行 2.2% 〜 17.5% 800
万円
★★★☆☆

カードローンの特徴とは

低金利でお金借りれる銀行カードローンは、借入限度額内で何度でもお金を借りることができ、 当日借入可能などすぐにお金を借りることもできます 。 スマホでお金を借りたい方、土曜日日曜日にキャッシングしたい方、審査が柔軟なカードローンを利用したい方に役立つ情報を公開しています。

さらに詳細情報をチェック!

〜申し込み方法〜(例)

インターネットで24時間審査申し込み
審査結果を確認後、自動契約機で契約手続&カード受取/アプリやFAXで契約
提携コンビ二ATMなどでお金借りる/振込キャッシング
※24時間いつでも受付可能なインターネット申込なら、パソコンをはじめとしてiPhoneや GALAXYなどのスマホからも気軽に審査申込ができ、審査回答最短30分といったようにキャッシング即日が強みです。

銀行のカードローンというと、平日の午後3時までしか申し込めないの?わざわざその銀行の口座を開設しないといけないの? 土日は借りれないんじゃない?実際にお金を借りるまでに 時間がかかるんじゃない?など、ご心配は疑問もあるかと思います。

そんな不安をまとめて解消する銀行カードローンのメリットをチェックしていきましょう。

銀行からお金を借りる条件

銀行でお金を借りるには、いくつかの条件をクリアしていなればなりません。 こちらではカードローン契約をする際に銀行でお金を借りる条件についての情報をチェックしていきましょう。 なお、詳細条件は銀行によって異なりますのでお申込みの際にあらためてご確認下さい。
日本国内にお住まいの満20歳〜65歳までの方
継続的で安定的な収入がある方
銀行が指定する保証会社の保証を受けられる方

銀行からお金を借りるには〜必要書類〜

カードローンのお申し込みをされるには、本人確認書類(いずれか1点)が必要となります。 また、ご希望の借入金額によっては、収入証明書(いずれか1点)の提出を求められる場合があります。 なお、必要書類は銀行によって異なりますので、お申し込みの際にあらためてご確認ください。

基本の書類『本人確認書類』

運転免許証
健康保険証
パスポート
住民基本台帳
公的証明書
外国人登録証明書

基本の書類『収入証明書』

源泉徴収票
確定申告書
給与明細書(直近2ヶ月&1年分の賞与明細書)
住民税決定通知書
納税証明書その1&その2

知りたい!銀行にお金を借りる際の申し込み書類 【豆知識】

キャッシングを利用する時は、自分だけがその場に行けば利用できるようになるわけではありません。 様々な書類を用意する必要があるので、書類不備の為に手続きが出来ないなんて言う事にならないようにするためにも、 事前に何が必要かを調べて忘れ物・足りない物がないようにして おきましょう。 まず必要な物としては、運転免許証です。 これは本人確認のために必要な物なので、免許を持っている人はそれを用意しておきましょう。 ただ免許を持っていない人にとってはそれを用意する事は出来ません。 とはいえ、免許証がないから申し込みが出来ないというわけではないので、他の物を用意して身分証明としましょう。 使えるものとしては、健康保険証・パスポート・外国人登録証明書となります。 勿論これらは全て用意する必要はなく、 この中から一つを用意しておけば大丈夫です。 また、本人確認用に用意した書類と現住所が違う場合は、 現住所が記載されている物を用意する様にしましょう。 必要な物は住民票の写し、もしくは住民票の記載事項証明書、国税または地方税の領収書・請求書、または納税証明書、 社会保険料の領収書または請求書、皇居料金の領収書または請求 書となります。 これらは原本を用意する必要はなくコピーを用意すれば大丈夫です。 もう一つは所得証明をするものです。 所得証明書・給与明細書・税額通知書・確定申告書のうち一つが必要となります。 またこれらに関しても写しがあれば良いので、原本はなくて大丈夫です。 このように色々な物を用意するのがキャッシングをする時は重要となります。 出来るだけしっかりと借入をする為にも、まずは利用しようと思っている金融機関で何が必要かを調べて用意する様にしましょう。

3つのマイカーローン
新車を購入する時、お金持ちは別としてほとんどがマイカーローンを利用すると思います。 自動車が必要な方は毎月の返済金額は、ガソリン代などと同様に車の必要経費と言う考えを持っているからではないでしょうか。 大都市のように公共の交通網が発達していたら車は必要ありませんが、地方では車は日常の足としてどうしても必要なものなのです。 それをローンで購入する方法は2つあります。 1つはディーラー系のローンです。 自動車を売るためなので比較的審査は厳しくはないと思われますし、金利も結構低い金利が適用されています。 タダ一つ問題なのは所有者にそのディーラーがなるケースが多いことです。 所有者はディーラーで、使用者が債務者と言う関係です。 自動車を売却する時はそのローンを完済しなくてはなりません。 2つ目は銀行のマイカーローンです。 この場合は所有権をそのまま持つことができるところがメリットですが、審査は少し厳しいと思ってください。 それにあくまでも目的ローンなので、本当に車を購入したことを証明するために、車検証のコピーなどを提出する必要があります。 そしてこの2つ以外、新たに、消費者金融などのフリーローンを利用する方が増えてきています。 単純に言えばカードローンのことですが、その目的を自動車購入に指定されていないので自由に使うことができます。 中古車などの比較的安い車を購入する場合はメリットがあるのではないでしょうか。 目的も規定されていないし、比較的審査も通りやすいというメリットがあります。 ただし、総量規制の対象になるので、そこは注意が必要です。