三井住友銀行グループのSMBCモビット

三井住友銀行グループのSMBCモビット



実質年率 3.0%〜18.0% 限度額 800
万円
保証人 不要 最短
即日融資
○※
※ 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

SMBCモビットお申し込み・ご契約方法

お申込み・ご契約方法

パソコン、携帯電話、スマートフォンによるWeb契約申込み ※1

※1 インターネットでは24時間365日申込みを受付しています。


店頭窓口による契約申込み

近くの銀行・コンビニでご利用可能!

口座振替で返済可能、銀行振込で返済可能、提携ATMで返済可能


【2大条件ランキング】

低金利重視 スピード重視
低金利でお金を借りたい!安心感がほしい!という方は大手銀行をチョイス! すぐにお金を借りたい!という方は審査が柔軟で即日融資可能な銀行系をチョイス!!

会社一覧

同時にお申込みをする際は、最大3社までがベストです(ご融資の確実性を上げるため)
休日 詳細情報 金利 融資限度額 融資速度
プロミス 4.5% 〜 17.8% 500
万円
★★★★★
アコム 3.0% 〜 18.0% 800
万円
★★★★☆
アイフル 4.5% 〜 18.0% 500
万円
★★★★☆
三菱東京UFJ銀行 1.8% 〜 14.6% 500
万円
★★★★☆
三井住友銀行 4.0% 〜 14.5% 最高
800万円
★★★★☆
新生銀行カードローン レイク 4.5% 〜 18.0% 500
万円
★★★★☆
オリックス銀行カードローン 1.7% 〜 17.8% 最高
800万円
★★★☆☆
イオン銀行カードローン 3.8% 〜 13.8% 10万円〜800万円
(10万円単位)
★★★☆☆
イオン銀行イオンアシストプラン 3.8% 〜 13.5% 30〜700
万円
★★☆☆☆
じぶん銀行 2.2% 〜 17.5% 800
万円
★★★☆☆

SMBCモビット カードローンの返済方法

カードローンについて尋ねると、「興味はあるけれど、お金を借りるのって、ちょっと不安・・・。」という声をよく耳にします。 その不安の多くは、やはり「返済」についてではないでしょうか。 そこで、カードローンの返済は実際どのように行うのか、ここでは、三井住友銀行グループ・SMBCモビットのカードローンの返済方法についてみてみましょう。 SMBCモビットの返済方法は3つ。

@口座振替での返済
A提携ATMでの返済
B銀行振り込みでの返済
この中から、それぞれの都合に合わせて選ぶことができます。

三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に預金口座のある人は、 @口座振替での返済がお勧め。預金口座から毎月自動引き落としで返済することができます。 わざわざ返済しに行く手間がないので、忙しい人でもラクラク返済です。

指定の預金口座がない場合や、口座残高が足りない場合は、A提携ATMでの返済が大変便利です。 全国の銀行やコンビニエンスストアなど・・・提携ATMは全国に数多くあるので、いつでもどこでも、手軽に返済することができます。

また、B銀行振り込みでの返済を選べば、現在利用している金融機関口座から、指定の銀行口座へ振込で返済することも可能です。 その人の事情に合わせて様々な返済方法を選択できるので、とても便利に利用できそうですね。

次に気になるのが「返済日」。SMBCモビットなら、約定返済日は1か月に1回。都合に合わせて、5日、15日、25日、末日の中から選ぶことができます。 給料日やクレジットカードの引き落とし日など・・・それぞれ、お金が入ってくる時期・出ていく時期は異なるので、返済する余裕がある時期も異なりますよね。 返済日を選べれば、お財布に余裕がある時期に返済することができるので、計画的に利用できそうですね。

そして、何といっても気になるのが、毎月の返済額。SMBCモビットなら、月々の返済額は、最終借入後の残高帯に応じて変わる、借入後残高スライド元利定額返済方式。 計画的に返済できるように、最終借入後の利用残高に応じて、返済額を設定してくれるんです。例えば、残高が50万円であれば、毎月の返済額は13,000円です。

更に、追加返済もOK。例えば、「ボーナスが入ったら今月は多めに返済したい。」とか、「今月分追加でもう少し返済できそう!」ということも可能です。 その分、支払う利息も少なくなります。また、追加返済は、いつでも何度でも可能です。「追加返済であること」を、特に連絡する必要もありません。

このように、ちょっと心配な「返済」についても、色々と嬉しいポイントがある、SMBCモビットのカードローン。 それでもまだ不安の残る人は、ホームページで「返済シミュレーション」をすることもできるので、試してみてはいかがでしょうか。