気になるキャッシング審査甘いとはどういうこと?

キャッシング審査が甘いというのは、収入が少ない方や安定した職業に就いていない方でも審査が通りやすく借りられるといった状態を指します。
かつて、一部の消費者金融ではハードルが低く、借りやすい状況が見受けられました。
というのも、消費者金融というのは企業などへの大口融資が中心の銀行に対して、一般生活者が小口で気軽に融資が受けられるようにと誕生した貸金業者です。
そのため資金の必要がある方には、やや甘めに審査をしてくれていたのです。
しかし、長引く不況、失業者が増える状況で借りたものの返済困難となる人が相次ぎ、貸金業法が改正されました。
新に導入された総量規制では年収の3分の1を超える借り入れはできないとされ、消費者金融を含めた貸金業者においては、自社だけでなく他社も含めてこの基準を満たしているか判断することが求められるようになっています。
現在の借入残高については、信用情報登録機関で確認が可能です。
一方、年収については自己申告が基本で、収入証明書が要求されるのは、1社の利用限度額が50万円を超える場合か、他社と合わせた借入額が100万円を超える場合とするのが一般的です。
そのため、この範囲内で少額の申し込みをする場合には、収入について自己申告で判断するので、比較的審査は甘いといえるかもしれません。
なお、収入が少ない方や無職でも借りられるという業者は、正式な貸金業者でない可能性がありますから気を付けたほうがいいでしょう。


このページの先頭へ