借入限度額と利用限度額の詳細な説明

キャッシングを利用する場合、借入限度額内であれば、お金を自由に借り入れることができます。
金融機関が借入希望額、年収、会社の勤続年数などにより、返済可能な金額を設定します。
この設定した金額が借入限度額になります。
この設定のメリットは、限度額内であれば自由に何回でもお金を借りられることです。
ここで注意することは、自己管理が求められることです。
自己管理がしっかりしていれば、計画的に借金が減ります。
自己管理が出来ない人は、限度額内の上限まで借入れた状態が続き、借金の返済の為に別の金融機関からお金を借入れ、やがて自転車操業状態に陥る為、気を付ける必要があります。
例として100万円の限度額が設定されたら、100万円以内なら何度でも自由に上限額に達するまでお金を借りられます。
クレジットカードを作る時に、年収、会社の勤続年数などにより、クレジットカードの発行会社が商品購入の限度額を設定します。
この設定した金額を利用限度額と言います。
カードで商品を購入すると利用出来る金額が減り、利用した金額の銀行引き落としが完了すると利用出来る金額がその分増えます。
利用実績が良好な場合、限度額が上がるケースがあります。
ここで注意することは、限度額が上がったからといって使い過ぎると、銀行引き落としの期日が来たら困ることになります。
利用する時は、計画的にカードを使用することが大切です。
また、海外旅行を予定している場合、クレジット会社に連絡して一時的に限度額を上げることも可能です。


このページの先頭へ