固定金利と変動金利のどちらが良いでしょうか

住宅ローンで多い金利のタイプと言いますと、変動金利型と固定金利期間選択型が殆どを占めています。
簡単に説明をしますと、固定金利の場合でしたら借り入れをしたその時の金利が返済が完了する時まで続くというものです。
金利が変わらない為毎月の返済額も変わりません。
比較的多くの金融機関が行っている仕組みとして変動金利型は毎年春と秋の半年ごとに金利の見直しが行われます。
その一方で、元利均等返済方法の場合の返済額の見直しは5年ごとと定められている為、金利が上昇するともしかすると本来支払わなければならない利息部分が月々の返済額を上回る事もあるかもしれません。
元金均等返済方式の場合ですと、金利の見直しで返済額が変わりませんので未払い利息の発生がないので安心です。
では何故未払い利息は発生するのでしょうか。
住宅ローンを組む時の利息は、その時のローンの残高を基に計算しています。
従って返済額が変わらない5年の間に急速な金利上昇が発生して半年ごとに行われている金利の見直しで適応金利が上げられると、利息が多くなるのです。
未払い利息が発生しますと、毎月の返済額のうち元本に充当される金額は0です。
つまり支払い残高は減らないのです。
未払い利息は支払っていない利息と扱われ蓄積されます。
これは返済終了までではないので、適応金利が下がったり、5年ごとの返済額見直しで月々の返済額が増えれば未払い利息は解消される可能性があります。


このページの先頭へ