キャッシングカードと銀行カードローンの共通点と決定的な違いについて

多くの人にとってお金を借りるキャッシングカードと銀行カードローンの違いを説明することは難しく、意外とその違いを認識していない場合が多いです。
その理由には、共にATMにカードを挿入して、お金を借りるという共通点があるため、その違いを認識しないでも借りることが出来るからであります。
その共通点については、お金借りたいときにまず共に「お金を借りること」が出来ること、「使途無制限」であること、「無担保」であることです。
また共にカードを発行する上での「審査」や手続きも同じであることもそうなります。
ではお金を借りたい際のその相違点についてはといった疑問が生じます。
相違点については、まず返済の仕方が違うことです。
キャッシングカードの場合は、一時使用の目的で少額を借りるというスタンスなため、原則、翌月一括して返済することがルールとなります。
つまりカードの付随的なキャッシング機能を利用して、一時的にお金を借りる建前があるからです。
一方、銀行のカードローンの場合はローン極度額が設定され、その範囲内で、ある程度のまとまったお金を借りる形となり、その返済方式には小刻みに返済するリボを選択することとなります。
ただ最近は前者の場合でも返済方法としてリボ払いを選択でき、その違いが決定的ではなくなっています。
そして、二つ目の相違点は、金利の違いがあります。
まずキャッシングカードは、一時的な少額の資金を借りるため、金利が利息制限法のギリギリの高めに設定されることとなります。
しかし、銀行カードローンは限度額範囲内のまとまった金額を借りることが多いため、その金利は低い違いがあります。
つまり、それらの決定的な違いとしては、金利の高低の差が顕著である言うことが出来ます。


このページの先頭へ