リボルビング払いの決め手はミニマムペイメント

ミニマムペイメントとは最小返済義務額とも言います。
お金を借りるときに知りたい情報でもありますが、主にクレジットカードや消費者金融での返済に使われるリボルビング払いで使われる用語です。
簡単に説明すれば、毎月最低限支払う金額のことです。
もちろん、月々の支払いの最低限を決めるものであり、それ以上の金額を返済しても問題はありません。
そのミニマムペイメントの金額は利用者自らが設定することができます。
といっても、お金借りたいときもサービス提供者が設定する金額の範囲内で設定することとなります。
自由に金額を設定できるところもあれば、一定単位で設定するところもあります。
お金を借りたいならクレジットカードや消費者金融を選ぶ人のなかには、この設定条件を重視することも少なくありません。
サービス利用者の収入と出費に応じた金額が設定することができれば、少し金利が高いとしてもトータルで考えると負担が小さいこともあるからです。
つまり、ミニマムペイメントの設定は利用者の月々の収入と出費で考慮されることが多いのです。
収入から出費を差し引いた金額の範囲で設定されます。
多くの利用者は、返済に余裕を持たせるために、差し引いた金額のギリギリではなく、少し余裕を持たせています。
返済中に唐突な出費がある可能性があるため、それに備えての余裕を作っているのです。
ギリギリの設定では何かあったときに返済が滞ってしまいます。
このようにリボルビング払いを利用するときは、月々の最小支払金額をどのように設定するかが重要になってきます。


このページの先頭へ