ネガティブリストとは遅延や自己破産の履歴の事

クレジットカードやローンを利用する際には、必ずその方の過去に何もトラブルがなかったのかを見られる事となります。
そのトラブルというのが自己破産や遅延などを起こした事があるという、ネガティブリストになります。
このネガティブリストがあると、お金を借りたいと思っても金融会社からは信用がないと見られてしまうので、お金を借りる事ができなくなってしまいます。
もしクレジットカードやローンへ申し込みをして実際に利用していくのであれば、計画的に利用を行うようにして、あまり良くない情報を残さないようにする事が大切です。
私達がお金を借りたり返済を行ったりしている状況は、すべてクレジットヒストリーに載って記録が残っています。
その記録は金融機関で与信を取る時に、お互いに開示できるようになっていますので、クリーンな状態のヒストリーを作っていく事が大切となります。
ネガティブリストに入ってしまうと、なかなかその歴史を変える事が難しいです。
自己破産をしてしまった時には、7年はその信用情報にその事が残るとも言われています。
銀行などでは10年くらい経ってからでないと、新にローンを組む事ができない場合もあります。
遅延情報や自己破産情報を残してしまった時には、その先10年近くはローンを組む時に困難な事があるかもしれないという事を覚えておきましょう。
特に何も支払が困難な事がなければ、遅延にもならないように返済期日よりも前に返済しておくと安心です。


このページの先頭へ