システム金融とは闇金の一形態です

システム金融とは闇金の一形態で、資金繰りに苦しむ中小企業にファックスやダイレクトメールを送付して融資の勧誘を行い、面談もせずに手形や小切手を担保としてお金を貸し付ける業者です。
手形や小切手は郵送で送付させ、足がつかないように郵便局留めや転送サービスなどを利用しています。
金利は年利にして800%から2000%と極端な高金利で、もちろん法律違反になります。
やり方の例としては25万円の手形を3枚、それぞれの満期が1週間後、2週間後、3週間後にして送付すれば、即時50万円を融資するなどというような形をとります。
今日50万円を借りて、1週間後には25万、2週間後に再び25万、3週間後にはさらに25万を返済しないといけないわけですから、実際のところ返済は不可能です。
借りた50万は他の返済に充てるお金ですから、これを原資にして75万ができるはずがありません。
闇金業者間で情報を共有し、返済が滞ったころに別の闇金業者からファックスやダイレクトメールが届くようになっており、システマティックに借り手を追い込んで行くことからシステム金融と呼ばれています。
振り出した手形や小切手が半年で2度不渡りになると倒産ですから、一度、闇金に手を出すと破産するまで手形や小切手を振り出し続けることになります。
システム金融からお金を借りた場合は躊躇せず弁護士に相談してください。
業者も違法ということは自覚しているのでお金や手形などの返還交渉に応じてくれる場合が多いのです。
また、相手の処罰を望む場合は警察に相談するの良いでしょう。


このページの先頭へ