返済方法に使われる定率リボルビングシステムを学ぶ

クレジットカードや消費者金融での支払方法によく使われているのが定率リボルビングシステムです。
これは、支払い方法にリボ払いを適用した場合に選択できる支払方法の一つです。
概要は、毎月の支払額が最低支払額(ミニマムペイント)と利息を合算した金額に、一定の割合をつけたものです。
メリットとしては、毎月の支払い金額が一定なので支出管理をしやすいことです。
月やボーナス月によって変動することがないので、資金繰りしやすいと言えるでしょう。
そのため返済計画も立てやすいのです。
一定の割合は企業によって異なるのでチェックをしておく必要があります。
具体例として、借り入れ金額が10万円の場合、ミニマムペイントの低利率が5%で利息利率が1%として見てみましょう。
ミニマムペイントは10万円に5%を乗じたもので、5千円になります。
利息は10万円に1%を乗じたもので、千円になります。
ミニマムペイントと利息の金額を合わせて、6千円の支払いになるのです。
このうち、5千円が元利へと充当され、千円が利息として発生します。
支払い金額を一度計算をしておくことで、どれだけの支払いがあるか、内訳はどれくらいかを把握することができます。
この方法は、経済的に余裕が出来てきたら多く支払うことも可能です。
限度額内であれば、何度でも借入と返済を繰り返すことができる点もメリットとして上げられます。
初心者でもわかりやすいシステムが取り入れられている理由でもあります。
返済金額が少なくなっていくので、収入が少ない人も使いやすいでしょう。


このページの先頭へ