保証人と連帯の付く場合は如何違うのか?

連帯保証人というのはよく聞く言葉ですが、連帯という言葉が付くとどう違うのかについて説明をしていきたいと思います。
まず、この2つの意味をよく知っておかなければなりません。
判り易いように例をあげると、Aさんがお金を金融業者から借りる際、Bさんが保証人になりました。
その後、金融業者がBさんへ返済の請求をして来たとしても、Aさんからお金を返してもらって下さい、先にAさんへ請求して下さいと言えます。
これは、法律で定められてることで、民法452条に記されています。
その場合、金融業者がAさんへ返済請求したけれど返してもらえないので、Bさんの家などを差し押さえると言ってきても、Bさんもまだ取れる手段があります。
それは、Aさんが返済できる経済的な余裕があって、預金などが充分にある場合、それを証明してから強制執行を行います。
そして、債権者にAさんの家や財産などを差し押さえて下さいと言うことがでるのです。
これは、同じく民法の453条に記されてます。
しかし、連帯という言葉がついてる場合、金融業者が返済請求をして来たならば、前述の手段は全く執れません。
そして、保証人が複数人いる場合、お金の返済はその人数で割って支払います。
尚、連帯保証の場合は、何人いても返済総額を支払わなければなりません。
免れるという事が出来ないので、もし署名を求められた場合は、よく考えてからにしましょう。
信頼できる人であるのか、財産や預金をちゃんと証明してもらうなどの対応が必要でしょう。


このページの先頭へ