任意ゾーンというものと利便性

ローンやキャッシングなどの専門用語にはさまざまなものがありますが、覚えておくことで、融資を受けるときだけではなく、金融関係に関連したタイプの部分において大切なこととなります。
たとえば、任意ゾーンというのはどのようなものかというと、別名グレーゾーンといわれ、2つの法律の間において存在する場所となっていました。 具体的には利息制限法よりも上の金利で、出資法の金利以内の金利での支払いを行ったものといえました。
基本的にはこの部分の金利で支払いを行った場合には、法律的に有効となっていたのです。 様々な種類のローンやキャッシングなどでこのゾーンは存在しておりますが、法律でも適切に対応をしていることがわかります。
貸金業規制法といわれている法律では、利息制限法と出資法にある部分として、この部分の金利を、双方が書面を交換することを条件として容認することが決定していました。
しかし2006年の賃金業規制法の改正によって、これらの部分に訂正が入り適切に有志が行われるようになり、グレーゾーンといわれている方法によっての融資を行うことが禁止されるようになったため、現在ではこれらの融資は行われず、通常よりも適切に融資の金利が定められるようになったのです。
おかげで通常よりも適切に融資を受けられるようになり、金融業界でも納得できる融資をしてもらえるようになりますので、透明感の高い金融関係での融資が可能となっていくことになります。


このページの先頭へ