債務を法律で解決してくれる仕組みが債務整理

借金が膨らんで困っているときは、節約をして返済していければ一番いいでしょう。
また、一本化やおまとめローンを利用する手もあり、数社を1社にまとめることができれば、随分と返済は楽になるはずです。
これらの方法で借金を返済できれば理想ですが、それができないほど返済が厳しい状態ならば、法的な解決方法、いわゆる債務整理で解決するしかありません。
法の力を借りて解決するので、その効力は非常に高く、借金の取立てが即座にストップするほどです。
債務整理を行うためには、弁護士、司法書士のいずれかに相談するのが基本となります。
「高額な相談料がかかる」と思われている方も多いようですが、借金相談の場合は無料、もしくは格安で請け負ってくれるのが普通です。
依頼報酬は実際に債務整理をする場合は必要になりますが、相談だけで依頼しないならば1円もかかりません。
法律家に相談して、今よりも状況が悪化することはなく、必ず解決の糸口が見つかるはずです。
相談した方は、解決策が増えることで、スッキリした顔をして帰られることが多いです。
自力返済が困難な目安としては、「借金が増えている、または1円も減らない状態」が続いていることです。
また、利息分の返済だけで相殺されてしまい、毎月数百円くらいしか元金が減っていかないなど、完済までの見通しがまったくつかない場合においても、自力返済は難しいと考えるべきでしょう。
いずれにせよ、困ったときは弁護士・司法書士の力を借りてください。


このページの先頭へ