遅延損害金で気をつけること

遅延損害金とは債務不履行があった時に債権者が債務者に求める損害賠償金のことです。
お金を消費者金融から借りたり、クレジットカードで商品を購入した際には、契約に定めた返済期日までに返済をしなければなりませんが、何らかの事情で返済を滞納してしまった場合にはペナルティーが課されるというわけです。
返済の滞納が起こった際に損害遅延金が発生するかどうかは契約によって異なりますが、ほとんどの消費者金融では契約の中にこの条項が含まれているので、返済が遅れた場合には損害金を支払わなくてはなりません。
返済が遅れてしまうと本来の利息の他に遅延金も支払わなければならないため返済計画が狂ってしまいますし、ネガティブ情報によって融資限度額などにも悪影響が出てきてしまうので、できるだけ滞納は避けるようにするべきです。
気になる金額についてですが、遅延損害金は法律で「制限利率の1.46倍まで」と上限が定められています。
具体的に見てみると、たとえば10万円を利息制限法いっぱいの年利20%で借り入れた場合には、遅延損害金の上限は20%の1.46倍ということで29.2%となります。
つまり、9.2%分支払いが増えることになります。
ただし、返済金額が利息制限法を超えてしまった場合には支払いを拒否することができますし、もしもすでに支払ってしまったのであれば過払い請求を行うことで払い過ぎた金額を取り戻すこともできますので、心当たりのある方は弁護士や司法書士などに相談してみるとよいでしょう。


このページの先頭へ