運転資金とは

運転資金とは、使い道を説明できる資金のことです

会社経営で重要なことは、安定した資金繰りです。 安定した資金繰りは、売掛金を回収して、その資金を支払いに充てる、仮に売掛金が回収できていなくても、現預金で支払いできれば大丈夫です。 それならば、回収と支払いを合わせれば大丈夫と思いますが、支払いは毎月キッチリ行わないと、風評が広まります。 売掛金の回収に関わらず、支払いを行うために必要となる資金、つまり運転資金の確保が不可欠になります。 では、確保にはどうすればいいのでしょうか? それは、通常の融資と同じく、金融機関で調達することができます。 不動産や保証人などの担保があれば、比較的簡単に調達できると思えますが、もう一つ重要なことがあります。 近年、金融機関では、融資を返してくれること、つまり、返済能力だけを重視して融資することは少なくなっています。 では、どんなことが重視されているのかというと、それは使途管理となります。 融資した資金がいつ、どんなもの、目的に使われるのかが重視されています。 担保価値が十分に余っているので、なんでも貸すことで、乱脈融資や不正融資につながる虞もあるので、使い方もしっかり審査しています。 運転資金を借り入れするためには、売掛債権の内容、売掛の相手先、取引内容、回収は現金か手形など、売掛債権の信憑性にあわせ、支払先、支払内容、支払金額、支払いに至った取引内容など支払いの正当性もしっかり説明を求められます。 運転資金をスムーズに調達するには、使い方をしっかり説明できることが必要になります。 是非、参考にして下さい。

運転資金とは商売で発生する立て替え金のことである

銀行は融資した場合そのお金が返済可能であるか、融資したお金の資金用途は何か、この二点を審査で厳しく見極め判断します。 そのため融資の申し込みでは、銀行にきちんとした説明ができないと円滑に融資を受けることはできないのです。 銀行が納得する説得力のある借り入れ理由と、理由に合った金額を提示することが必要です。 銀行に融資を受ける目的金である運転資金とは、商取引で発生する会社が立て替えるお金のことで、これを補うために融資を受けるのです。 具体的な金額は売上債権+在庫-仕入れ債務という計算で算出することができます。 この会社が立て替えるお金は、資金の回収・支払い・在庫の売れ行き状況に変動がなければ、売上高と同じように増えていくことになります。 今後売上高が増えると予測される時は、さらに会社の立て替え金が増え、運転資金が必須になります。 自分の会社がどの位の立て替え金が必要なのか、売上高との関係を見て把握します。 立て替え金が月の売上の何ヶ月分になるのかを計算します。 その分だけ収支がずれて立て替え金が必要になるのです。 取引の条件が変わらず、売上高も同じならば立て替え金に増減は発生しません。 それは売上債権を回収できても、売上債権が同じ金額だけ生まれます。 仕入れ債務や在庫についても同じことが言えます。 すなわち、運転資金として融資を受ける金額は売上高が増加した分に対して、新しく生まれる立て替え金の分だけなのです。


このページの先頭へ