現金商売以外では重要な与信管理とは

この言葉は、前後を切り離して考えると判り易いです。
まず与信ですが、字面通り信用を与えるという意味となります。
この言葉は、英語から来てるともいわれているのです。
この、与信を与えるというのは具体的に記すと、売掛取引を承認することを差します。
如何いうことかというと、企業が取引をする場合は一般的に、後払いという形式を執るのです。
それは、商品を買い取ってもその代金は直ぐに支払わない・月末に他の品物の代金と一括で支払う、そういう形式の取引をします。
それを、与信を与える・与信するというのです。
そして、銀行・金融機関の与信を与えるというのは、融資をすることとなります。
次に、管理の方ですが、これも字面通りの意味です。
ですから、与信を与えた企業などが契約通りに代金の支払いをするか・契約通りに返済するかどうか、管理するのを与信管理といいます。
そのため、信用管理・債権管理と呼ぶところ・ケースもあるのです。
ですから、小売業者・飲食店といった現金取引が主体の業者の場合、管理しなければならないものはありません。
しかし、買いでは調達・仕入れなどがあるので、リスクを軽減するには管理しなければならないのです。
与信管理の目的は、不良債権のリスクを防ぐことが第一にあげられます。
それに、売り上げを伸ばしながら、不良債権をできるだけなくすのが大きな狙いなのです。
だから、与信管理と債権回収を的確に行うほど、企業は安定して利益をあげて行けます。


このページの先頭へ