有担保ローンとはどんな仕組みとメリットがある?

有担保ローンとは、お金を借りるにあたって、その拠り所となる担保を必要とするローンです。
個人の信用力の強化を図って借りやすくなるメリットがあるほか、担保価値に応じて大きな金額をより有利な金利で借りられるメリットがあります。
有担保ローンの代表的なものが、不動産担保ローンです。
お持ちの家や土地に抵当権を設定して、万が一、借りたお金が返せなくなった場合にはその不動産を競売にかけて、借金の弁済に充てられます。
そのため、自分の収入だけでは借りられないような額であっても、不動産の価値が高ければ、債権者が査定した担保価値を限度にはなるものの、比較的大きな金額を借りることが可能です。
また、いざ返済が不能となったら不動産を競売にかけて換金できるため、債権者としては資金回収のリスクが小さくできます。
そのため、金利も無担保のローンより低くなるのが一般的です。
こうした不動産担保ローンは、物的担保と呼ばれています。
これに対して、人的担保ローンもあります。
これは、債務者が万が一返済できなくなったときに備えて、保証人や連帯保証人を要求するものです。
担保となるのは、保証人や連帯保証人の資力です。
そのため、安定した収入があり、それなりの資産がある方などを立てる必要があります。
人的担保を立てることで、借り入れがやや難しいかなという場合でも貸してもらえたり、債務者一人の収入や資力では借り入れがやや難しい金額を貸してもらえることもあります。


このページの先頭へ