本当にブラックリストなんてものがあるの?

お金を借りていたり、カードローンを使おうとしたりしている人の中には、ブラックリストの噂を聞いたことがある人もいるでしょう。
このブラックリストというものは、存在するというわけではありませんが実際は似たようなことがあるものです。
これは、消費者金融やカードローン会社、信販会社などが行っている『信用情報機関』というものがあり、そこで管理されている『信用情報』というものです。
これは何かというと、あなたの消費者金融やクレジットカードなどの利用情報が掲載されているものです。
例えばなあなたがカードで支払いをきっちり行っているかどうかということや、あなたがどういうローンカードなどを持っているかということが登録されています。
そして、この信用情報に傷がある状態が、借り入れなどができないということでブラックリストと呼ばれてもいるのです。
傷とは、大体の場合は支払いが滞納してしまったという場合です。
何度も支払いを行っている人の中でも、こういった支払いをしっかりしていない人の場合は新しく借りられなかったり、更新ができなかったりする場合もあります。
滞納するというのは最も良くないことといえるのです。
そのため、最近は特に支払いについてはしっかり管理して支払いをしておくことも大事なことになりますし、またそもそもローンや借金を増やさないこと、カードなどは整理して必要ないものは解約することなども大事なことといえるでしょう。


このページの先頭へ