破産手続きによる免責とは

借金を行うと、借りたお金は利息もつけて返済していくことが一般的ですが、その返済が順調にいかない場合もあるものです。
新たに出費が発生してしまったり、無計画に借入を繰り返してしまったり、また何らかの理由で収入が減少してしまったりなど、借金が返せなくなってしまう理由は人それぞれ違いますが、こうした場合は債務整理で解決することが多くなっています。
そして債務整理の中でも特によく知られている手続きが「自己破産」です。
この方法は借金の返済をしなくて良くなるということで知られており、どうしても返済できない場合はこうした手続きで解決していくこともあります。
さまざまな方法を考えても、まだ返済が厳しいという場合はこのような手続きが選ばれることとなりますが、ただ破産手続きを行えば、借金の返済を免れるというものではないということを理解しておきましょう。
破産手続は法的に借金を消滅させるものではありませんから、ただ破産手続を行っただけでは返済の義務を免れることができません。
返済の義務を免れるためには、破産手続とは別に裁判所から借金の返済を免除してもらう決定をもらう必要があります。
そしてこの手続きを「免責」と呼び、法律上の借金の返済を免れる制度です。
そして免責が降りると借金の返済は行わなくて済むようになりますが、税金や養育費などの支払は免除されません。
そして浪費やギャンブルなどで多額の借金がある場合などは免責不許可事由となることもあります。


このページの先頭へ