お金を借りる時はみなし利息を理解してから

無金利キャンペーンが行われていない限り、利息分を合わせて支払う必要があります。
ただ、借入額に掛かってくる金額の他にも、払うべきものがあるのをご存知ですか。
それが手数料や礼金、あとは調査料などです。
これらは、急に今請求されるようになったわけではなく、昔から全ての債務者に請求されてきました。
そして時代は移り、これらの費用が利息としてみなされるようになったのです。
厳密な事を言えば、借入額に対して掛かる物ではありません。
そして、「みなし利息」と言われるようになったのです。
ではみなし利息となる事によって、債務者に不利益があるかといったら、それは逆であるといえます。
今までは、利息プラス手数料などが請求されてきましたが、今は利息の中に手数料なども含まれています。
また、その上限も20%となったので、それ以上は請求されなくなりました。
その為、昔はより沢山のお金を金融機関に払っていたのですが、今ではその必要なくなったのです。
また今まで返済してきた物に関しても、条件によっては過払い金請求が出来る様になりました。
ただ、過払い金請求に関しては、個人で行うこともでき、請求している人もかなり増えています。
しかし、確実に金融機関に対応してもらいたい人は、弁護士や司法書士に依頼する様にしましょう。
お金を借りる時は、どうしても借りる事ばかりに目が行きがちです。
しかし債務者として知っておくべき事もあるので、みなし利息に関しても良く理解した上でお金を借りる様にしましょう。


このページの先頭へ