ネットバンキングとは

知りたい、ネットバンキングとは?

ネットバンキングという言葉を最近では、普通に使っていますが、実際にそれはどのようなものをさすのでしょうか? ネットバンキングとは、すなわち、ネット=インターネットのバンキング=銀行取引のことで、インターネットで行う銀行取引をさすのです。 そして、インターネット経由で口座を開設できるだけでなく、実際にインターネット上で口座を管理していくことができたり、他の銀行等にお振込みをすることができるようになるのです。 自宅にいながら、銀行の窓口やATMで行うことを完了することができるので、とても便利です。 また、セキュリティーについても、とても強固に守られていますので、パスワードの管理を自分で行っておけば、まずは心配はいりません。 ネットバンキングの魅力は便利というだけではありません。 例えば、定期預金等の各種預金についても、一般的には街の金融機関よりも有利に設定されていることがほとんどなのです。 これは、銀行と比べると人件費が少ない分、これを有利な金融商品へと変えることができるためにできることなんですね。 どのような金融機関とお取引したらいいのか? と迷う場合には、いろいろな定期預金チェックしながら、ここならいいかも? と思えるところを選ぶとよいでしょう。 そして、各種ローンやキャッシングのサービスをしてくれたり、FXの取引や証券取引ができるものもありますので、自分がしたい取引から選ぶということも便利でよいですね。

ネットバンキングの特徴、ネット上で様々な銀行取引が行え、金利が高いのが特徴である

ネットバンキングとは、インターネット上で行う銀行取引です。 ネット銀行各社によって利用できる取引は異なりますが、主にインターネット上で行える取引は、振込、振替、残高照会、入出金明細照会、定期・外貨預金の預入と解約、投資信託の購入と解約です。 ネットバンキング口座にお金があれば、インターネット上の取引サイトで色々な取引を行うことができます。 しかし、現金を口座に入金・出金することはインターネット上ではできませんので、これらはATMを使って行います。 現在ではほとんどの銀行がネット上で取引を行うことができます。 ネットバンキングの最大の強みは、店頭窓口やATMに行かなくても取引が可能なことです。 パソコンで自分の都合の良い時に取引ができ、振込手数料も店頭で行うよりも安く済みます。 そして定期預金の金利が高いというメリットもあります。 都市銀行等の定期預金の金利は、ネットで預入を行っても窓口と変わらない所が多いのに対し、ネット銀行の定期預金の金利は、一般的な定期預金よりも格段に高い金利が設定されているのも嬉しい特徴です。 ネット銀行のこうしたメリットを活用しながら、安心安全に取引を行うためには、しっかりとしたセキュリティーを確保することです。 セキュリティー確保の為に行った方が良い事は、パソコンにウイルス対策ソフトを使用すること、ログインは正式サイトから行うこと、全開のログイン日時を確認すること、パスワードを生年月日や単純な数字の組み合わせにしないこと、パスワードを人に教えない、パスワードを定期的に変更する事等です。 ネット銀行各社はセキュリティ対策に力を入れていますが、自分でもしっかりとした対策をすることで、ネット上で安全かつ便利に銀行取引を行うことができます。


このページの先頭へ