無理なく債務返済できる任意整理のメリット

任意整理は、他の債務整理の方法とは違い、任意であることのメリットを活かすことができる債務方法です。
任意整理をする場合の大きなメリットを2つ上げることができます。
金利を省いた元金のみを支払えばよくなること、そして交渉により月々無理のなく返済できる返済額に減額できることです。
他にも、財産を処分しなくても良い、整理をする債務を選択することができるなどのメリットがありますが、大きなメリットといえば債務の減額と毎月の返済額を交渉で決められることでしょう。
なぜ債務を減額することができるかというと、取引開始時にさかのぼり引き直し計算をすることができるからです。
これにより、完済までの支払わなければならなかった利息や、遅延損害金などを支払わずともよくなります。
また、毎月の返済額を減額することができることで、生活に支障をきたさない範囲で無理なく返済することができるのです。
交渉による任意での債務整理であるため、他の債務整理の方法のような制限などは一切ありません。
例えば、自己破産などのように財産を没収されることもなく、官報に名前が載るようなこともないのです。
任意整理をすることができるのは、一定の収入があり、減額後の債務をきちんと返済することができる人になります。
貸金業者と個人で交渉するのはなかなか骨が折れるものです。
それに、交渉が上手く行くとは限りません。
貸金業者と交渉する場合は、知識を持った専門家に相談したほうが良いでしょう。


このページの先頭へ