連帯保証人とは何かを知っておこう

お金を借りる時、その金額によっては連帯保証人が必要となります。
もしかしたら中には「絶対に迷惑を掛けないから」と言ってお願いされた事がある人もいるかもしれません。
相手との関係を考えて、名前を貸してあげようかと思う人は、まず最初にそれによって自分がどの様な立場になるかを良く理解しておくべきです。
これは、債務者と同等の権利を有する人の事を言います。
その為、万が一債務者が借金を踏み倒した場合、自分が返済する必要が出てくるのです。
勿論、自分自身は1円も借りていなくても、返さなければいけません。
保証人は債権者が返済を要求したとしても、主債務者に請求してほしいという事を伝える事が出来ます。
しかし連帯保証人はそうではなく、請求されたら自分が返済しなければいけないのです。
もし債務者がどこかに雲隠れしてしまって、連絡が取れない状態になってしまった、自己破産をしてしまったという場合でも、連帯保証人になっていたら返済の義務が発生するので注意しましょう。
その為、ただ名前を貸しただけのつもりだったのに、いきなり借金の返済を要求されるのは珍しい事ではありません。
また返済する充てがあれば良いのですが、もしそれが無い場合は請求されたとしても返済すらできなくなってしまいます。
その場合は自己破産する事になりかねないので、注意しましょう。
良くその立場が分からずにサインしてしまう人がいますが、かなり危険な事です。
どの様な権利・義務が発生するかを良く理解してからサインする様にしましょう。


このページの先頭へ