2万円だけ借りたい

2万円だけ借りたい

知ってると安心!週末にお金借りる

週末にでかけるためのお金が足りないことに気づき今日中にお金を用意しなければ…と、金曜日の夕方に銀行ATMでお金をおろそうと思ったら、大行列でおろせなかったなんて経験はありませんか。 お財布が寂しいまま休みに入り、土曜日や日曜日に外食や買い物、デートをしていたら、お金がピンチなんてこともあるかもしれません。 もちろん、それがお給料日前であればなおのこと、そもそも銀行の残高も寂しくなっている方がいるかもしれないでしょう。 2万円借りたいといった具合に少額の場合は、家族に貸してもらうのも良いかもしれませんが、身内にお金を借りるとヘタにお金を借りる理由を聞かれてしまったりと、面倒です。 そんな時に便利なのが消費者金融のキャッシングや、銀行のカードローンです。 そんな事を言っても、申し込みをしてないから使えないとお嘆きの方もいるかもしれませんが、ご安心ください! 土日などの週末でも、カードの申し込みや審査を行ってくれるカードローン会社がけっこうあるのです。 また、金曜の夜に自動契約機や無人契約機、ローン申込機に駆け込んで申し込むことも不可能ではありませんし、来店不要でスマホ、パソコン、ケータイからインターネットで24時間365日申し込みもできるので、夜中や週末にどうしてもお金が必要!となったときでも、気軽に申し込めます。 土曜、日曜の新規申込で特に便利なのが、インターネット申込&無人契約機やテレビ電話窓口の組み合わせです。 24時間465日受付OKなインターネットで申し込めば来店不要で場所も時間も選ばずに申し込めますし、メールや電話で審査結果(審査回答)を確認したうえで自動契約機に行けば、無人契約機自体も夜21時頃まで稼働しているところも多いので、平日の夕方夜間はもちろんのこと、週末や祝日などの休日でも即日で今日中にお金を借りれる方法として役立ちます。 そしてこのWEB申込&無人契約機の組み合わせのメリットは、ネット申込後に審査結果を確認したうえで自動契約機にカード発行をしに行けるので、店頭での審査待ち時間もないですし、万が一審査に落ちてしまっていた場合でもさんざん窓口でまたされた挙句の審査落ちでガッカリして帰宅することもありません。 方式としては対面でなくとも画面操作に従って行い、電話でオペレーターが分からない点のガイドや審査対応をしてくれます。 また、ネット申込ではなく直接無人契約機で申込&契約手続きをしたとしても、運転免許証などの身分証さえあれば、最短30分から40分程度で審査が完了し、その場でカード発行が受けられるので、今すぐ2万円だけ借りたい場合でも、直ぐに借り入れ可能となるでしょう。 ただ、お金借りるのに急ぎの場合は電話や契約機を使うと便利ではありますが、申し込む時間帯によってはタイムラグが生じるので、やはり24時間利用できるインターネットが便利です。 なお、フリーダイヤルのコールセンターで審査を受け、本人確認書類をFAXやメールで送信して振込キャッシングという方法もあります。 カードローンとは異なりますが、クレジットカードをお持ちでそのクレカにキャッシング機能がついている(キャッシング枠がある)場合には、2万円借りるくらいならクレカキャッシングも便利です。

カードローンで2万円キャッシングする事なんてできるのか

カードローンと言えば、今すぐに…あるいは今日中に10万円、20万円と言ったお金が必要な時に貸してくれる便利な方法として、利用する人が多くいます。 金融機関によって融資限度額(借入限度額)は違っていますが、300万円、500万円、800万円位が融資限度額と表示されている金融機関もあるのが現状です。 その為、2万円だけ借りたいと希望していたとしても、ある程度まとまった金額の場合しかカードローンを利用する事が出来ないのだろうかと思っている人もいるかもしれませんが、実はそんな事はありません。 借入単位は1000円か1万円なので、2万円必要な時もお金を借りる事は可能です。(会社によっては最低借入金額が10万円の場合もあります) ちなみに、最小返済額は金融機関によっても違いますが、2000円でもOKという所もあります。 どうしても2万円借りたいといったときに、まずは無理なく返済できる所を探すようにしましょう。 とは言っても、2万円を月々2000円ずつ返済するのは確かに負担が軽減されますが、一括返済をする時に比べると、返済総額が増えてしまうので注意が必要です。 また無金利キャンペーンを利用する場合、期間内に返済すれば借入額のみの返済でも良くなりますので、利息分が足りない…といった場合には、お金を稼ぐことができ余裕ができ次第、即日一括返済も良いかもしれませんn。 キャッシングは便利で、少額でも借りる事は可能です。 返済もかなり少ない金額からでも可能ですが、余りにも少なくし過ぎると、結果的に返済総額が増えて行ってしまう事を良く理解しておくようにしましょう。 2万円借りる程度の少額借入であれば、出来るだけ早く完済する様にするのが重要です。 そうすれば、ATMからその金額を引き出す時の時間外手数料よりも少ない金利分の支払いでキャッシングする事も可能となります。

急な出費でどうしてもお金が足りない!そういう時の強い味方とは

急な出費で、計算していたお金が足りなくなってしまった場合、特に、今日中にお金を借りたいときや今すぐにお金が必要なときには、十分に稼ぐことができていなければ、貯金を崩さなければならないと考えてしまいがちです。 しかし、そんなことをしなくても強い味方がいます。 それは、「カードローンキャッシング」や「クレジットカードキャッシング」です。 キャッシングとは、銀行や消費者金融などが一時的にお金を貸してくれるサービスの事です。 借入限度額の範囲内であれば、2万円だけ借りたいといったときでも必要な金額を借りれますし、返済日に関わらず余裕ができたら一部繰上返済や一括返済ができるので、利息のコントロールもできます。 もっとも、2万円借りるくらいの金額であれば、少額なので金利に関わらずそんなに負担にはなりません。 なお、借り入れを行う額にもよりますが、年率2%〜18%で借りることができます。 後日、借りたお金に加えて利息を付けて返済する必要がありますが、急な出費が重なってしまいお金が足りないという事態に対応することができる大変助かる借入方法です。 ただし、借り入れを行うにあたって、注意すべき点があります。 それは、「借りすぎ」です。 この借りすぎを予防するために、法律により、総量規制がかけられることになりました。 これは、年収の3分の1以上の額の新たな借り入れはできないという趣旨の法律で、無茶苦茶な計画で借りていたことを制限するものです。 この法律により、借り入れをすることができる額が限定されていますので、ある程度はセーブが行えます。 例えば、Aさんが300万円を借りようとしていても、年収が500万円だった場合は借り入れをすることはできません。 この場合は、100万円までしか借り入れができませんが、銀行のカードローンで借りる場合は、総量規制の対象外となりますので200万円をカードローンで借りることができます。 このように、急に足りなくなってしまったという事態に直面した際や、2万円借りたいといったときには、キャッシングなどで即日調達することで危機を回避することができます。

関連ページ

1万円だけ借りたい
1万円だけ貸してください!小額借入をしたい時は【最短3ステップ』でお金を借りる
3万円だけ借りたい
5万円借りたい
10万円借りたい
20万円借りたい
30万円借りたい
50万円借りたい