Q&A 消費者金融


Q&A 消費者金融:消費者金融系カードローン

カードローンには2種類あります。 その2種類とは、銀行系カードローンと消費者金融系カードローンです。 銀行系カードローンと消費者金融系カードローンでは、いったいどのような違いがあるのでしょうか。 まず、もっとも大きな違いは、総量規制の対象になっているかなっていないかです。 総量規制とは、個人の借入を年収の3分の1までと規制している法律になります。 消費者金融系カードローンはこの法律の対象となりますが、銀行系はこの総量規制の対象外です。 そのため、消費者金融系では、収入のない専業主婦は融資を受けることはできません。 主婦でもパートやアルバイトなどで一定の収入があれば申込むことができます。 融資限度額は銀行などより低めに設定されることが多いものの、審査が比較的に甘いため、一定の収入があれば容易に借入することができるでしょう。 すでに他社で貸付を受けている場合は、新たに貸付を受けるのは非常に難しくなりますから注意してください。 総量規制の対象になっていたり、イメージが銀行よりもあまり良くない消費者金融ですが、その信用力が大きく落ちるわけではありません。 今では多くの消費者金融が銀行の傘下に入っているため、銀行がバックについているのも同等です。 イメージが銀行よりも落ちると思われるかもしれませんが、決して使い勝手が悪いとか信用できないということではありません。 銀行よりも気軽に利用できる金融会社としてしばしば役立ってくれます。


このページの先頭へ