元利均等返済なら毎月の返済管理が楽チン

お金を借りるときはもちろん借入したお金を返済するとき、「元利均等返済」と「元金均等返済」という2つの返済方式があります。
どちらがお得とは一概には言えないのですが、返済管理を難しくしたくないというのなら元利均等返済になるでしょう。
元利均等返済とは、「元金+利息」を毎月一定額で返済していく方法です。
返済の際には、借りたお金である「元金」に金利から割り出した「利息」を付けて返済していかなくてはなりませんよね。
返済が進むにつれて利息は減るため、もしも元金に別途で利息を付けて返済していくとしたら、元金自体は毎月同じ額を返していても利息の部分で毎月の返済額が変わるということになります。
お金借りたいならこういった返済方法を元金均等返済と言います。
しかし元利均等で返済していけば、元金と利息を一定額にして返済できるため、利息が変わろうが毎月の返済額は変わりません。
たとえば、5万円を毎月1万円ずつ返していくとしましょう。
元利均等で返していくと毎月返済する1万円の中に元金と利息を含みますが、元金均等で返していくと毎月返済する1万円は全て元金に充てるので、お金を借りたいときでもそれとは別途で利息を支払うということになります。
元利均等で返済をしていくと元金均等に比べて元金の返済が遅れるため返済期間が延び、総返済額も多少ですが多くなってしまう点はありますが、早めの返済を心がければさほど大きな差額は生じないので、管理が苦手、面倒くさいと感じる人は元利均等で返済していく方が分かりやすいでしょう。


このページの先頭へ