自己破産をすると一生ローンの利用はできなくなる?

お金を借りるとしても「自己破産をしたら、生涯においてローン、クレジットは組めない」と言われる方もいますが、これはドラマなどで悪影響を受けた結果であり、実際にはそのようなことはありません。
借り入れできないのは最長5年間となっており、それを超過すると以前のように借り入れができるようになります。
5年間借り入れができない理由は、信用情報機関にブラックとして登録されてしまうからです。
ブラックリストというリスクは本来存在しないのですが、金融事故情報のことを指してブラックと呼んでいるのです。
お金借りたいなら自己破産は債務整理のなかでも、最も借金を減らす効果が高いものであり、すべて相殺して0にできるのはこの方法しかありません。
個人再生も返済を大幅に楽にする債務整理ですが、5分の1までしか減額されないため、あとは毎月返済を続けていく必要があります。
自己破産の場合は、マイホームを処分する必要性があるため、債務整理のなかでも最終手段と言われており、敬遠される方が少なくありません。
個人再生という方法が誕生したのも、破産をするのを避けたいという方が多かったためです。
では、お金を借りたい個人再生ですべての借金を解決できるかというと、答えはNOになります。
事故・怪我・病気などで仕事に就くことができなければ、毎月の収入は安定しないため、借金が5分の1に減額されても、返済は厳しいものとなるでしょう。
こうした場合は、たとえ借金が少ないとしても、破産という選択肢を選ぶこともあるのです。


このページの先頭へ