任意整理をするなら専門家に依頼

任意整理とは、お金を借りることによって借金の返済に苦しみ、もはや返済が困難になっている方が、債務を軽減する債務整理の1つの手段です。
任意という言葉にあるように、裁判所などの法的な強制力を使うものではなく、債務者の借金減額や返済方法変更の申し入れに対し、債権者が応じるかどうかは任意です。
あくまで、お金借りたいという債務者との話し合いに債権者が応じて、かつ、一定の条件変更に同意してもらわねばなりません。
そのため、お金を借りているという関係性上、一般的には債権者に対して立場の弱い債務者が自らの力で、話し合いの機会を持ち合意に達するには難しいものがあります。
ですから、お金を借りたいときに基本的には借金問題のプロである弁護士や司法書士等に依頼して、債権者との交渉をしてもらうのが基本です。
法律の専門家に依頼すると、専門家たちは債務者からの依頼を受けた旨を債権者に通知します。
この通知により、債権者はこれまでのように自由に返済の督促をすることができなくなります。
督促に苦しめられていた債務者にとっては、これだけでもだいぶ気持ちが楽になるでしょう。
その後、取引の開始時点にさかのぼって、借金を利息制限法の上限金利に基づいて引き直し計算を行います。
もし、適用金利が法律上の上限金利を超えている場合には、過払い金が発生します。
その場合は過払い金の返還請求も可能です。
また、これから払う予定だった利息はカットされるので、その分、借金が減額されます。
減額された借金について、月々の返済に無理のない範囲で払えるよう、3年程度で分割払いできるよう交渉をし債権者の同意を得る仕組みです。


このページの先頭へ