店舗にも顧客にも恩恵をもたらすポイントカード

ポイントカードとは、ショッピングをすると購入代金のうち一定割合をその店舗で現金の代わりとして使えるポイントとして還元する役割をするカードのことです。
ショッピングの代金を一定割合で顧客に還元するというシステムは、一定金額以上購入するとスタンプを押すしくみのスタンプカードなどとして昔から存在していました。
現在では、このカードは家電量販店やスーパーマーケット、ドラッグストアなどで広く導入されています。
また、ネットショップにもこのようなシステムは広く普及しており、カードの発行こそしないものの、実店舗と同じようにショッピングをするごとに一定の割合でポイントが付与されるようになっています。
購入金額の一定割合をポイントとして還元するシステムは、店舗、ショッピングをする顧客双方にメリットをもたらします。
店舗側の最大のメリットは、ポイントを還元することでリピーターとなる顧客を多数獲得でき、安定した売上げを得られることです。
ポイントを還元すれば、そのポイントを使ってショッピングをするためにまた顧客が来てくれるので、店舗は一定の売上げをキープできます。
たまっているポイント数を確認することで優良な顧客が誰なのか把握しやすくなるという利点もあります。
そして顧客側のメリットは、ポイントを使うことで、高額な商品でも大幅な割引率でショッピングができることです。
ポイントカードを持っていると、通常の割引にポイント割引分を加えた割引率でショッピングができますので、高額商品を購入するときの金銭的負担を軽くできます。


このページの先頭へ