学生が便利に借りられる学生ローンとは

18歳以上の専門学生、短大生、大学生、大学院生に向けたカードローンがあります。 これを学生ローンといいます。 学生の多くは未成年ですが、法的には原則として未成年への融資はOKとしていません。
ただし、絶対に不可能というわけではなく、条件を満たす場合に限り未成年でもカードローンを契約することは可能です。 その条件として、学生ローンを利用する、保護者の同意書を得る、安定した収入を持つなどがあります。
前述したように、原則として責任能力を問えない20歳以下には融資できないのですが、一部金融会社では18歳以上(高校生は不可とする)を対象に融資を行っている会社もあります。 これを、学生ローンという商品で提供しています。
通常のカードローンとは異なり、学生に合わせた審査基準を設けているので安定した職がない学生でも比較的審査に通過しやすくなっています。 また、金融会社によっては金利面で優遇を受けることも可能です。
ただし未成年のカードローン契約には保護者の同意書がなくては契約ができません。 また審査は申込者本人の条件で判断されるため、最低限の条件として収入の有無が問われます。
収入はアルバイトでも問題はないですが、継続的に安定したアルバイト収入を得ている必要があるでしょう。 ちなみに、これは教育ローンとは異なります。 カードローンは大金の借り入れや長期的な借り入れには向きません。
もしも就学資金としての借り入れをしたいのなら、別のローンを利用するようにしましょう。


このページの先頭へ