大口ローンを借りるにはそれなりの収入や信用力が必要

どういったローンを利用するかで、どの程度の金額が大口ローンと呼ばれるかが異なります。
一般生活者に身近なキャッシングやカードローンなどの、資金使途自由のローンでいえば、300万円を超える利用限度額を提供するケースをいうのが一般的です。
お金を借りるとしても簡単な手続きで気軽に申し込める消費者金融では、一般消費者のための小口融資が基本であり、先ごろの多重債務防止のための総量規制の強化なども影響して、300万円を利用上限額に設定するところが多くあります。
そのため、この金額を超える貸し付けを行っている業者は数が少なく、大きな金額の借り入れを希望する方にとっては、大口ローンとして関心が寄せられます。
大口のローンを取り扱える業者は、お金借りたい資金力が潤沢なだけにとどまらず、貸付条件や審査基準を複数設けているケースが多くなります。
小口融資を基本としている業者は、利用限度額が小さく抑えられる分、借り入れのハードルも低めにしたり、簡便な手続きで審査できるよう基準や体制を整えています。
これに対して大口融資を扱う業者は、貸し付ける金額によって貸付条件を変えたり、審査における収入の基準や金利設定の基準を複数設けて、お金を借りたい貸付金額に見合った審査が行える体制を整えているところが多いのです。
たとえば、カードローンも1種類ではなく、スタンダードタイプとプレミアムやビップタイプを設けるなどのケースがその例です。
また、1種類のカードローンでも、金利の設定を利用者ごとに審査で決定しているところも、この例にあたります。


このページの先頭へ