生活を立て直すために総合支援資金を活用

人生の中では、いろいろなことがあります。 景気が浮揚している時でも、すべての会社が儲かっているわけではありません。 失業などにより、生活に困窮している世帯も数多くあります。
そのような日常生活を送ることが困難になっている方のために、生活支援費を貸付する制度が総合支援資金です。 2人以上世帯なら月額20万円、単身世帯なら月額15万円を上限として、最長12ヶ月まで融資してもらうことができます。
この貸付は、失業などにより困られている方の、経済的な自立を目指すための貸付です。 失業などで一時的に困窮されている場合、このような貸付を利用することにより、再起を図ることができます。
この貸付を利用することにより、生活を立て直すことが可能になるでしょう。 利用するための相談の窓口は各市町村の社会福祉協議会です。 また、ハローワークでも受付けている場合もあります。
この貸付は、賃貸住宅の敷金や礼金、生活資金などに利用することが可能です。 お住いの市町村の社会福祉協議会に、総合支援資金を利用したい旨を言っていただければ、後のことは丁寧に紹介してくれます。
総合支援資金の貸付の対象者は、低所得者世帯で、収入の減少や失業などで困っている方です。 もし、前年度の収入が多かったとしても、現在の収入が減少していることを示すことができれば心配する必要はありません。
もし、現在ご住所がない場合でも、お近くの社会福祉協議会やハローワークでお話を聞いてみてください。


このページの先頭へ