今すぐお金借りる【即日〜銀行からお金を借りる】

今すぐお金借りる【即日借入〜銀行からお金を借りるまで】

今すぐお金を借りるなら、使い道が自由で審査が早いカードローンがベストです!
カードローンには、銀行のカードローン消費者金融のカードローンがあります。

カードローンの種類


銀行カードローンの特徴

メリット
・借入額が大きくなるほど低金利でお金を借りることができる
デメリット
・審査に時間がかかる
・即日融資に対応していない

消費者金融カードローンの特徴

メリット
・審査のスピードが速い
・即日融資に対応してる
デメリット
・大きい金額を借りるときに金利が高め
・総量規制の対象
・なんとなく、消費者金融でお金を借りるのが不安

▲ 【銀行系厳選2社】急いでいるけれど、消費者金融は不安な方は「銀行系」が安心!



例)1ヶ月(30日)借入した場合の金利

会社名/金利 1万円 10万円 50万円 100万円
三菱UFJ銀行
1.8% 〜 14.6%
121円 1,216円 6,083円 12,166円
プロミス
4.5% 〜 17.8%
146円 1,463円 7,315円 14,630円
利用金額×借入利率÷365日×利用日数=支払利息
※三菱UFJ銀行:14.6%/30日で計算
※プロミス:17.8%/30日で計算
※うるう年の場合は366日で計算します
※実際のお借入利率(金利)はご利用限度額等によって異なります

銀行借入の難易度があがっている事実

低金利が売りの銀行カードローンですが、貸付額の急増により、現在は審査が非常に厳しくなっています。

▲ 銀行カードローンに挑戦する!


▲ 急いで借りたい・難易度が低いけれど安心感のある銀行系グループカードローンBest3!


銀行カードローンに適した方は

即日融資に対応していない銀行カードローンは、即日借入がニガテで実際の借入までに時間がかかります。 また、審査が厳しいので、他社借入件数があったり、信用情報に傷があるとキャッシングでききません。 そのため、銀行カードローンをお申し込みの方は、初めてお金を借りる方、審査に自信がある方が有利です。

銀行カードローンが不安な方は

銀行カードローンは審査が厳しく即日融資ができないため、お急ぎの方はプロミスやアコムなどテレビCMでおなじみの即日借入可能な銀行系大手消費者金融がオススメです。

▲ 銀行系グループカードローンBest3!



消費者金融って怖くないの?

銀行系なら運営元がしっかりしているから安心!
三井住友銀行グループのプロミス、三菱UFJフィナンシャル・グループのアコム、三井住友銀行グループのSMBCモビットなど、CMでおなじみの一流企業は、銀行系グループの大手消費者金融です。
銀行系ならではの安心感があり、それでいて審査回答最短30分や最短1時間融資など即日借入に適しているので、今すぐお金を借りたい方や、即日振込希望の方などは大手消費者金融をチェックしてください!

▲ 銀行系グループカードローンBest3!


▲ 銀行カードローンに挑戦する!


【2大条件】厳選の2社

低金利でお金を借りたい!安心感がほしい!という方は大手銀行をチョイス! すぐにお金を借りたい!という方は審査が早く即日融資可能な銀行系をチョイス!!

会社一覧

同時にお申込みをする際は、最大3社までがベストです(ご融資の確実性を上げるため)
休日 詳細情報 金利 融資限度額 融資速度
プロミス 4.5% 〜 17.8% 500
万円
★★★★★
アコム 3.0% 〜 18.0% 800
万円
★★★★☆
三菱UFJ銀行 1.8% 〜 14.6% 500
万円
★★★★☆
じぶん銀行 2.2% 〜 17.5% 最大800
万円
★★★☆☆

銀行からお金を借りる方法とは〜詳細〜

銀行でお金を借りたい方は、まず銀行ローンの種類を把握することが重要です。なぜなら、ひとくちに銀行でお金を借りるといっても、銀行にはさまざまな種類の金融商品(銀行ローンの種類)があり、それぞれに特製があるおからです。 住宅ローン、教育ローン、マイカーローン(自動車ローン)など借りたお金の使い道ごとに特化した専門性の高い目的ローンや、借入目的を限定しない借りたお金を自由に使えるカードローン(フリーローン)など、銀行からお金を借りる方法はたくさんありますので、銀行でお金を借りたいなら、まずはローンの種類を把握して、あなたに合った方法で借入すると無駄がありません。

銀行カードローンとは

銀行でお金を借りたい場合に、用途によって大変便利で助かるのが、非常に手軽で使い勝手の良いカードローンです。 カードローンとは、最近ではテレビCMでもおなじみの個人向けの無担保融資で、借入目的が限定されている目的別ローン(目的型ローン)とは違って、使途自由が自由なフリーローンのひとつである点が最大の特徴です。 銀行カードローンのほかに、消費者金融カードローンや信用金庫カードローンがありますが、銀行カードローンの特徴として大きいのが銀行特有の安心感や信頼感があること、また、資金力がある銀行ならではの低金利で長期借入や大きめな金額を借りる際に適しています。 また、カードローンは一度審査を行えってカードローン契約を交わすと、利用限度額の範囲内で何度でもお金を借りたり返したりできるので、日々の生活費が不足したときや冠婚葬祭などで現金が必要になったとき、ちょっとしたお金が足りない時などに気軽に利用できるのも便利です。 なお、返済方式は主に残高スライド定額リボルビング方式となります。

銀行カードローンのメリット

※ページ下部に詳細情報を記載しています※


カードローンの特徴とは

低金利でお金借りれる銀行カードローンは、借入限度額内で何度でもお金を借りることができ、当日借入可能などすぐにお金を借りることもできます 。 スマホでお金を借りたい方、土曜日日曜日にキャッシングしたい方、審査に通れば借入限度額の範囲内で何度でもお金借りれるカードローンを利用したい方に役立つ情報を公開しています。

銀行カードローンお申込の流れ&特徴

提携コンビニATMから24時間365日気軽にお金を引き出せる
フリーローンである⇒用途が自由で使い勝手が良い!
審査もスムーズな融資が可能

さらに詳細情報をチェック!

〜申し込み方法〜(例)

インターネットで24時間審査申し込み
審査結果を確認後、自動契約機で契約手続&カード受取/アプリやFAXで契約
提携コンビ二ATMなどでお金借りる/振込キャッシング
※24時間いつでも受付可能なインターネット申込なら、パソコンをはじめとしてiPhoneや GALAXYなどのスマホからも気軽に審査申込ができ、審査回答最短30分といったようにキャッシング即日が強みです。

銀行のカードローンというと、平日の午後3時までしか申し込めないの?わざわざその銀行の口座を開設しないといけないの? 土日は借りれないんじゃない?実際にお金を借りるまでに 時間がかかるんじゃない?など、ご心配は疑問もあるかと思います。

そんな不安をまとめて解消する銀行カードローンのメリットをチェックしていきましょう。

銀行からお金を借りる条件

銀行でお金を借りるには、いくつかの条件をクリアしていなればなりません。 こちらではカードローン契約をする際に銀行でお金を借りる条件についての情報をチェックしていきましょう。 なお、詳細条件は銀行によって異なりますのでお申込みの際にあらためてご確認下さい。
日本国内にお住まいの満20歳〜65歳までの方
継続的で安定的な収入がある方
銀行が指定する保証会社の保証を受けられる方

住宅ローン、マイカーローン(自動車ローン)、教育ローン、トラベルローン、フリーローン、事業ローンなど銀行ローン商品自体がたくさんあるので、銀行からお金を借りる条件は借入するローンの種類ごとに異なります。 こちらでは、全体的に共通する基本的な条件をあげています。 ※実際にお申し込みになる際には、公式WEBサイトにて詳細条件をご確認ください

銀行でお金を借りる申込条件〜一例〜

・原則として安定した収入があるお客さま(申込者御本人に収入がなくても一定条件をクリアすることで借入可能な場合もあります)
・年齢が満20歳〜65歳未満であること(69歳未満の場合もあります)
・日本国内に居住していること
・銀行ローンの審査に通った方
また、カードローンの場合には、担保不要(無担保)保証人不要ですが、その分、保証会社の保証を受けられるお客様といった条件が加わります。

銀行からお金を借りるには〜必要書類〜

お申し込みの銀行ローンの種類によって提出書類が変わってきますが、主に本人確認書類(氏名・住居・生年月日が確認できる身分証明書)や収入証明書などが必要となる場合があります。 なお、本人確認のための書類なので有効期間内または発行日から6ヶ月以内のものに限るなど条件がついていますので、書類の有効期限にもご注意ください。 基本的に必要な書類としては本人確認書類があり、借入する金額などによって追加で提出を求められるのが所得証明といったパターンが多いです。 本人確認書類は顔写真つきの公的証明書を求められることが多く、それがない場合には別の追加書類を2点など必要な場合があります。

本人確認書類/身分証明書


本人確認書類
運転免許証
運転経歴証明書
旅券(パスポート)、乗員手帳
住民基本台帳カード(写真付のもの)
個人番号カード
在留カード・特別永住者証明書
各種福祉手帳

本人確認書類/追加書類

※上記の本人核に書類がない場合には、下記書類2点提出など

各種健康保険被保険者証
後期高齢者医療被保険者証
介護保険被保険者証
船員保険被保険者証
各種公務員共済組合の組合員証
私立学校教職員共済制度の加入者証
各種年金手帳
母子健康手帳
印鑑登録証明書(当該実印をお取引に使用する場合)
住民票の写し
住民票の記載事項証明書
戸籍の謄本または抄本(戸籍の附票の写しの添付があるもの)
印鑑登録証明書(当該実印をお取引に使用しない場合)
国税又は地方税の領収証書
納税証明書
社会保険料の領収証書
公共料金の領収書

収入証明書

源泉徴収票(公的年金等の源泉徴収票および退職所得の源泉徴収票を除く)
直近2ヶ月分の給与明細書
住民税決定通知書(特別徴収税額の決定・変更通知書)
納税通知書
確定申告書
青色申告決算書
収支内訳書
支払調書
所得証明書
年金証書
年金通知書

※一定の基準を超えると収入証明書の提出を求められるなどの規定があり、収入証明書提出条件は銀行ローンによって異なります


その他書類
教育ローンなら、学費納付書、入学yあ・在学を証明する書類および支払い方法が確認できる書類など マイカーローンなら、自動車購入の契約書または発注書などの資金使途確認資料など 住宅ローンなら、物件の確認資料など 本人確認書類や収入証明書以外に、各種ローン特有の必要書類がありますので、提出の際にはしっかりとご確認ください。

お金 借りる〜審査について〜

お金を借りる際の審査について、初めてお金を借りる方などは過度に心配される方も多くいらっしゃいますが、申込基準や審査基準を満たしていて、金融事故などがなければ、十分に審査に通る可能性がありますので、まずは希望の金融機関に審査申し込みをしましょう! なお、カードローンの審査には、大きく分けて属性スコアリング審査と信用情報に関する審査があります。

属性スコアリング審査システムとは

氏名、生年月日、住所、電話番号、居住に関連する情報(居住形態、種類、名義人、住宅ローンの有無やローン金額など)、婚姻の有無、家族構成、勤務先に関する情報(勤務先、勤続年数、雇用形態など)、年収、保険証の種類などの審査に必要な基本情報を点数化(スコアリング)して審査するシステムです。

信用情報に関する審査とは

カードローン審査では、基本情報となる属性スコアリングのほかに、信用情報に関する審査が重要視されています。 事故情報(自己破産や債務整理、返済延滞の有無などを確認)、借入状況(借入件数や借入金額、借入上限金額など)、申込記録(他社借入件数や申込みキャンセルなどもチェック)、借入実績(カードローンの利用状況、返済状況、借入期間、返済回数、借入金額、月々の返済金額など) 無担保で保証人なども不要である分、審査はしっかりと行われます。

審査が甘い闇金融についての注意点

なかなか審査通らない方は、できれば審査なしでお金 借りる方法を探しがちですが、こういった方法を調べていくと必ずと言ってよいほど話題にあがるのが闇金融(通称ヤミ金)の存在です。 闇金融は、高金利で取り引き(お金を借りさせる)ことを目的としているため、審査の面では非常に緩く、お金を借りやすいため、どうしてもお金を借りたい方はつい借入したくなってしまうものですが、実際に闇金融からお金を借りてしまうと、審査が甘くて気軽にお金を借りれるメリット以上のデメリットが多数あります。 闇金融は取り立てが厳しく、法定金利を上回る高金利でトラブルに巻き込まれる可能性も高く、安心してキャッシングすることができません。

個人間融資の掲示板についての注意点

最近では個人間融資の掲示板などもあり「審査通らない方は個人的に審査なしでお金を貸します」といった呼びかけなどもありますが、法外な金利を設定されて予想外に高い利息を払わされたり、個人だと思っていた借りた先が実は闇金融だった…といったケースも多く、トラブルに巻き込まれる方も増えています。 「無利息 で お金 を 借りることができる」「審査通らないかたでも安心キャッシング」「審査なしで借入OK」といったような甘い言葉には惑わされずに、しっかりと安心して利用できる

銀行でお金を借りる 金利とは

銀行からお金を借りる際には、金利の話が切っても切り離せません。 どういったお金の借り方をしても、ほぼ必ず金利がかかりそれに伴って利息負担もあるので、金利についてもしっかりと把握していきましょう。

カードローン

カードローンは、銀行カードローン、信用金庫カードローン、消費者金融カードローンと複数ありますが、銀行カードローンの最大の特徴は低金利なことです。 金利が低いことで同じ金額を借りても利息が少なくて済みますので、長期間借り入れする場合や大型借入をする場合には、銀行カードローンを利用すると利息負担が減ります。

住宅ローン

変動金利、固定金利、全期間固定金利と3種類の金利がある住宅ローンですが、住宅購入関連ローンということもあり基本的に借入金額も相当な金額となるため、ローン契約期間が長いのが特徴です。 そのため、高額借入やなほど大口ローンなほど金利が低くなる傾向から、住宅ローンは数ある目的別銀行ローンのなかでも最も低金利のローンといえます。

教育ローン

教育ローンには、日本政策金融公庫という国が運営している教育ローン(固定金利)と、銀行・信用金庫・信用組合などの金融機関が運営している教育ローン(固定金利と変動金利が選べます)がありますが、いずれも低金利となっています。 また、銀行によっては提携している学校などがあり、対象の学校であれば金利が低くなる…といったサービスを行っている場合があります。

マイカーローン/自動車ローン

マイカーローンというと、自働車などを購入した際に自動車ディーラーに勧められるがままにそのまま契約をしてしまいますと、思わぬ高金利を負担することになります。 その点、銀行マイカーローンは金利も低く信頼性もあるので、低金利で安心してお金を借りたい方にオススメです。

銀行からお金を借りれない人とは

まずは、銀行カードローンの申込基準に達していない方、申込条件をクリアしていない方は、申し込むことすらできません。 そして、銀行からお金を借りれない人には、審査に通らない原因がありますので、審査に落ちる原因をしっかりと攻略して審査に通るようチェックしていきましょう。 なお、一口に銀行からお金を借りる方法といってもさまざまな種類のローンがありますので、全体的に審査に落ちる原因となる点をピックアップしています。

銀行からお金を借りれない原因とは

申込基準を満たしていない
審査基準を満たしていない
信用情報に傷がある(ブラックリストに載っている、ブラック認定を受けている)=金融事故情報が登録されている
年収に見合った借入希望金額ではない。年収を元に返済可能な借入金額を優に超えた希望金額を提示している

金融事故情報とは
過去に債務整理、自己破産、強制解約、個人再生、長期延滞、代位弁済などを行っていた場合、信用情報にその旨が登録され、ローン審査に多大なる影響を及ぼします。 いわゆるブラックリストに載っている状態となり、多くのローンで審査に落ちる最大の原因となります。 これらは一生登録し続けるわけではなく、一定期間過ぎると抹消されますが、信用情報に登録されている限りは審査に通るのは難しいと考えられています。

銀行 お金借りる 18歳の場合

銀行からお金を借りれない人の番外編として、ご要望の多い銀行でお金を借りたい18歳の場合についてもお伝えしていきます。 18歳といえば、むかしと違って今では選挙権も与えられていますし、18歳以上で利用可能になるものもありますし、ちょうど子供と大人の境目ともいえる年齢です。 高校三年生の18歳はまだ学生ですから、高校生ということやまだ学生という見解から、銀行でお金借りるのも難しいのでは…と思われがちですが、同じ18歳でも高校を卒業して大学生などになっていたら…あるいは高卒ですでに働きに出ていたら…と考えたときに、18歳にもなれば、もしかして銀行 お金借りることもできるのでは…と考えられなくもありませんが、とはいえ、18歳はまだ未成年です。 多くの銀行ローンでは、学生云々という基準ではなく、年齢制限として満20歳以上でお金を借りることができるといった申込基準や借入基準となっており、18歳の場合はお金を借りることができないのが実情です。 なお、その名の通り学生がお金を借りれる学生ローンであれば、一定の基準を満たしてお金を借りることも可能ですが、実際に借りれるお金の金額はあまり多くはありません。 18歳の場合は、お金が必要であればアルバイトなどで地道に稼ぐのがいちばんの近道かもしれません。

郵便局・ゆうちょ銀行 お金を借りる方法とは

数ある銀行のなかでも、元々が国営ということもあり安心感のある郵便局のゆうちょ銀行ですが、ゆうちょ銀行 お金を借りる方法としては下記の3つがあります。 また、郵便局は代理業者として媒介していることもあり、スルガ銀行の個人ローンのお申込みも受け付けています。
財産形成貯金担保貸付け:財形定額貯金や財形年金定額貯金または財形住宅定額貯金を担保として、所定の金額まで最長2年の貸し付けを受けられる
貯金担保自動貸付け:通常貯金の残高を超える払戻しの請求があったときに、総合口座で管理する定額貯金や定期貯金を担保として、自動的に貸付けを行う
国債等担保自動貸付け:通常貯金の残高を超える払戻しの請求があったときに、総合口座で管理する国債を担保として、自動的に貸付けを行う

銀行でお金を借りる理由とは

お金を借りる方法はいくらでもあるのに、それでもあえて銀行でお金を借りる理由とはなんでしょうか。人によって理由はさまざまですが、銀行からお金を借りるメリットがたくさんあるからです。 また、銀行でお金を借りる理由は、銀行側にとっても審査の際に重要な判断基準となりますので、しっかりと対策してスムーズに銀行でお金を借りましょう。

わたしたちが銀行でお金を借りる理由

銀行、信用金庫、消費者金融、クレジットカードのキャッシング枠…いくつもあるお金借入方法のなかでも、銀行でお金を借りる理由は豊富なメリットが関係しています。

銀行でお金を借りるメリット
初めてお金を借りる場合でも銀行ならではの安心感と信頼感がある
銀行ならではの低金利
常日頃から使い慣れているので安心
最高限度額が大きめ

※最高限度額と借入限度額とは異なります。いくら最高限度額が高くても審査に通らなければ最高利用限度額いっぱいまでは借りることはできません。利用できるのは審査後に決まる利用限度額の範囲内となります


審査の際に答える銀行でお金を借りる理由

銀行からお金を借りる際に、融資の理由を尋ねられることがあります。そんなときに「借金まみれで生活が苦しいから銀行でお金を借りたい」という理由を伝えたところで、審査を無事に通過して銀行がお金を貸してくれるでしょうか。 恐らく、貸し倒れになる危険性を考えて、審査に通らない可能性のほうが高いでしょう。 銀行でお金を借りる理由は、それなりに納得のいくものでないと審査に通りにくいのです。 また、実際にはクレジットカードの支払いのためのお金が足りずに銀行からお金を借りたいといったパターンも多いのですが、それを銀行に話しても自転車操業的に借りて返してを繰り返しているとみなされて審査に落ちてしまうと困るので、銀行からお金を借りる理由としないほうが無難です。

目的ローンの場合
家を買いたい→住宅ローン/車が欲しい→マイカーローン/旅行に行きたい→トラベルローンなど、明確な理由があると目的別ローンなどが借りやすくなります。 特に、目的型ローンの場合はドンズバの理由なので正当性も増しますので、銀行でお金を借りる理由としては最適です。

カードローンの場合
結婚式やお葬式などの冠婚葬祭でお金が必要になった。お給料日前で生活費が足りない。欲しいものがある。引っ越し費用が必要…など。 そもそもが、借入目的が限定されず自由に使えるフリーローンとして、生活費の不足や急な出費など日々のちょっとしたお金を賄える利便性が買われているのがこのカードローンですから、銀行からお金を借りる理由としては十分だと言えます。

即日でお金 借りるには

即日でお金 借りるなら銀行系大手消費者金融がベスト

今すぐにお金を借りたい場合には、審査対応がスムーズで融資スピードが早い銀行系の大手消費者金融カードローンがベストです。


大手消費者金融で即日借入できるポイント
スマホ、PC、ケータイから24時間365日いつでも申込OK
本人確認書類の提出は来店不要でネットやスマホアプリから提出可能
審査回答最短30分
申込から借入まで最短1時間融資
提携コンビニATMで24時間借入可能

ただし、安心してお金を借りれる大手消費者金融の場合は、在籍確認なしや審査なしでカードローン契約をできるケースはほとんどありません。
審査なし、在籍確認なしといった観点で金融業者を捜してしまうと、闇金融(いわゆるヤミ金)などの怪しい業者となってしまうため、安心して借り入れするためには、銀行グループの大手消費者金融を利用されることをオススメします。


大手消費者金融ならばれずにお金を借りることができる

大手消費者金融のメリットのひとつとして重要なのが、来店不要で誰にもばれずにお金を借りることができる点です。 申し込み、本人確認書類や収入証明書の提出、借入など、来店不要で人に会わずにばれずにお金を借りることができます。

@スマートフォン、パソコン、携帯電話、タブレットから来店不要で審査申込
Aスマホアプリ、ネットでアップロード、FAXで書類提出
B振込キャッシングで直接指定口座へ振込キャッシングで即日借入


クレジットカードでお金 借りる方法とは

こちらではカードローンでお金を借りる方法を中心にお伝えしていますが、他にもクレジットカードでキャッシングする方法もあります。 基本的に、クレカの新規申込から新規カード発行には時間がかかりますので、即日借入には向いていませんが、すでにクレジットカードをお持ちの方などは検討されてはいかがでしょうか。

クレジットカードでお金を借りる条件とは

キャッシング枠の設定があること
クレジットカード 審査のほかにキャッシング機能利用の審査に通ること

単純にクレジットカードを持っているだけでは、クレカでお金 借りることはできません。 あらかじめ、クレジットカードに付帯されているキャッシング機能があること、また、クレジットカードキャッシングをするためのキャッシング枠がいくらくらいあるのか、確認をして利用しましょう。 多くのクレジットカードでは、新規申込時の付帯サービスとして、キャッシング機能の申込をするので、クレカ審査と同時にキャッシング審査が行われますが、基本サービスのショッピング枠利用のみの方は、あとからあらためてキャッシング機能利用の申込と、キャッシング利用の審査を受ける必要があります。


クレジットカードでお金を借りる際の注意点とは

クレジットカードを発行する際に年会費がかかる(クレジットカード 年会費無料の場合もあります)
キャッシング機能利用の際に審査が必要で審査自体に時間がかかる
クレカ自体にキャッシング機能が付帯されていないとお金を借りることができない

クレジットカード会社はたくさんありますので、クレジットカード マイルをたくさん貯めたい方は、定期的に行われるクレジット カード マイル キャンペーン等を利用して申込むとよりお得に航空マイルやポイントを入手することができます。 また、楽天カードや楽天ゴールドカードのように、通常の買い物よりもポイントが倍増するなど楽天ショッピングの際に有利となるサービスがついているクレカもあるので、ご自身にあったクレジットカードを選びましょう!



お金 借りる〜無職の場合〜

無職でもお金を借りる方法とは、いったいどんな方法があるでしょうか? お金 借りる際の条件のなかに、満20歳以上であること、安定的かつ定期的な収入があること、そして表立っての申込条件としては挙げられていませんが、もっとも重要な項目として審査に通ることなどがあります。 そういった点でいくと、安定収入がない無職の方の場合は基本的に審査にも通りにくいため、お金を借りるのは難しいと言われています。 また、カードローンの場合は申込条件自体が「満20歳以上」となっているため、19歳、18歳など二十歳以下の未成年や学生も、お金を借りることはできません。

無職でもお金を借りる方法とは

一見お金を借りれないと思われがちな無職と場合でも、お金を借りることができる方もいらっしゃいます。


生命保険契約者:契約者貸付制度
年金受給者:福祉医療機構WAMの年金担保貸付
満20歳以上という条件を満たしている二十歳を超えた就職先の内定が決まっている学生等:銀行やろうきんの内定者専用ローン

総量規制の関係で消費者金融等では借入不可

総量規制の対象となっている消費者金融キャッシングや、クレジットカードのキャッシング枠では、無職の方がお金を借りることはできません。なぜなら、総量規制は「原則として年収の1/3を超える新たな借入はできない」とされているため、無職=契約者ご本人に収入がない方はお金を借りることができないのです。 ただし、消費者金融以外のカードローンでは、ご本人に収入が無くても配偶者の方に安定した定期収入があれば審査の上でお金 借りることができる場合があります。

銀行借入の豆知識

住宅ローン

住宅ローンとは、人生の大きな買い物のひとつである住宅(一戸建てやマンション)および土地の購入、新築、増築、改築、既存住宅ローンの借り換えなどを対象に、銀行(普通銀行・信託銀行)・信用金庫・JAバンク・労働金庫などの金融機関から受ける融資のことをいいます。 関連するローンとして、つなぎローン、借り換えローン、住み替えローン、諸費用ローン、セカンドハウスローン、アパートローン、ホームエクイティローン、有担保型証書貸付、有担保型カードローン、リバースモーゲージなどがあります。 また、住宅ローンは一般的に何十年にもわたって返済していく長期ローンであり大型ローンであり借入金額も大きいため、公式サイトでは毎月の返済額を調べたり、現在の年収から借入可能額を調べたり、毎月の返済額から借入可能額を調べたりと、各種シミュレーションを行えます。

教育ローン

教育ローンとは、使途を教育関係経費に限定したローンで、主に高等学校・短大(短期大学)・大学・大学院・高等専門学校・専門学校・各種学校(大学受験予備校学なども含む)の学費が対象となっていますが、そのほかに受験料・教科書やパソコンや電子辞書など修学上必要となる物品の購入費、遠隔地の学校へ進学する際のアパートや下宿の礼金・敷金・家賃、学校への寄付金などの諸費用についても融資を受けられる対象となっている場合があります。 教育ローンを組む人は、多くの場合で教育を受ける学生の保護者や扶養者が、将来の学費などの支払のため利用するケースが多く見受けられます。 なお、銀行以外でお金を借りる方法にはなりますが、同じ教育関連のローンのなかには、学生本人を対象とした支援制度である奨学金制度や、消費者金融の学生ローンなどがあります。

マイカーローン/自動車ローン

マイカーローンとは(自動車ローンとは)、新車や中古車などの自動車の購入やオートバイの購入だけではなく、新車・中古車・オートバイと同時申込みを条件としてカスタム(パーツ購入、取付費用)などのオプション費用についても借入対象となります。 また、車体の購入資金だけではなく、修理費用・整備費用・車検費用・運転免許取得費用・車庫設置費用・カー用品購入費用・電気自動車充電設備設置費用・各種関連工事費用なども対象となる場合がありますので、ご利用の自動車ローンの条件をご確認ください。 なお、マイカーローンの種類によっては、他金融機関からのカーローンの借り換え用途としても利用できます。

銀行からお金を借りる方法 事業者向け情報

法人として事業を行っていると、設備資金(工場、機械設備、土地、建物などの資産の購入資金)や運転資金(会社を回していくために必要な資金)など、実にさまざまな費用がかかるため、銀行からお金を借りる機会も多いでしょう。 会社経営者をされている方や個人事業主の方が銀行からお金を借りる方法としては、法人向けビジネスローン・事業者ローン・個人事業主と呼ばれるローンでお金を借りることになり、個人の方が銀行でお金を借りるのとはまた違った審査基準でお金を借りることになります。 また、ビジネスローンや事業者ローンは、都市銀行だけではなく地域密着型の地方銀行、信用金庫、信用組合、ノンバンクなどでも取り扱いがあります。

知りたい!銀行にお金を借りる際の申し込み書類

キャッシングを利用する時は、自分だけがその場に行けば利用できるようになるわけではありません。 様々な書類を用意する必要があるので、書類不備の為に手続きが出来ないなんて言う事にならないようにするためにも、 事前に何が必要かを調べて忘れ物・足りない物がないようにして おきましょう。 まず必要な物としては、運転免許証です。 これは本人確認のために必要な物なので、免許を持っている人はそれを用意しておきましょう。 ただ免許を持っていない人にとってはそれを用意する事は出来ません。 とはいえ、免許証がないから申し込みが出来ないというわけではないので、他の物を用意して身分証明としましょう。 使えるものとしては、健康保険証・パスポート・外国人登録証明書となります。 勿論これらは全て用意する必要はなく、 この中から一つを用意しておけば大丈夫です。 また、本人確認用に用意した書類と現住所が違う場合は、 現住所が記載されている物を用意する様にしましょう。 必要な物は住民票の写し、もしくは住民票の記載事項証明書、国税または地方税の領収書・請求書、または納税証明書、 社会保険料の領収書または請求書、皇居料金の領収書または請求 書となります。 これらは原本を用意する必要はなくコピーを用意すれば大丈夫です。 もう一つは所得証明をするものです。 所得証明書・給与明細書・税額通知書・確定申告書のうち一つが必要となります。 またこれらに関しても写しがあれば良いので、原本はなくて大丈夫です。 このように色々な物を用意するのがキャッシングをする時は重要となります。 出来るだけしっかりと借入をする為にも、まずは利用しようと思っている金融機関で何が必要かを調べて用意する様にしましょう。

3つのマイカーローン
新車を購入する時、お金持ちは別としてほとんどがマイカーローンを利用すると思います。 自動車が必要な方は毎月の返済金額は、ガソリン代などと同様に車の必要経費と言う考えを持っているからではないでしょうか。 大都市のように公共の交通網が発達していたら車は必要ありませんが、地方では車は日常の足としてどうしても必要なものなのです。 それをローンで購入する方法は2つあります。 1つはディーラー系のローンです。 自動車を売るためなので比較的審査は厳しくはないと思われますし、金利も結構低い金利が適用されています。 タダ一つ問題なのは所有者にそのディーラーがなるケースが多いことです。 所有者はディーラーで、使用者が債務者と言う関係です。 自動車を売却する時はそのローンを完済しなくてはなりません。 2つ目は銀行のマイカーローンです。 この場合は所有権をそのまま持つことができるところがメリットですが、審査は少し厳しいと思ってください。 それにあくまでも目的ローンなので、本当に車を購入したことを証明するために、車検証のコピーなどを提出する必要があります。 そしてこの2つ以外、新たに、消費者金融などのフリーローンを利用する方が増えてきています。 単純に言えばカードローンのことですが、その目的を自動車購入に指定されていないので自由に使うことができます。 中古車などの比較的安い車を購入する場合はメリットがあるのではないでしょうか。 目的も規定されていないし、比較的審査も通りやすいというメリットがあります。 ただし、総量規制の対象になるので、そこは注意が必要です。