お金を借りる流れ

お金を借りる流れ

銀行からお金を借りるには

〜カードローン簡単3ステップ〜

低金利で何度でもお金を借りることができる!提携コンビニATMで24時間365日お金を引き出せる!など、 使い勝手の良い銀行カードローン。 こちらでは、カードローンでお金を借りる流れや銀行でお金を借りるランキングについての情報を公開しています。
銀行カードローンは、簡単3ステップで利用できるのが特徴です。 条件をご確認のうえ必要書類をご用意いただいて、さっそくインターネット申し込みへ!

銀行カードローン 厳選の2社

三菱UFJ銀行カードローン
金利 1.8%〜14.6%
利用限度額 10万円〜500万円
スピード

大手銀行ならでは低金利&口座開設不要

借入可能か簡易診断あり



じぶん銀行カードローン
金利 2.1%〜17.4%
融資限度額 最大800万円
スピード

ATM手数料0円!簡単ネット完結!

auユーザーなら最大年0.5%優遇


【2大条件】厳選の2社

すぐにお金を借りたい!という方は審査が早く即日融資可能な銀行系をチョイス!! 低金利でお金を借りたい!安心感がほしい!という方は大手銀行をチョイス!

〜ステップ1〜

選べるお申し込み方法

お金を借りている姿を知り合いに見られなくない!という方にはインターネット申し込みなどの来店不要の方法や、 時間は気にしないからじっくり検討したいという方には郵送申し込みなど、カードローンのお申し込み方法には、いろいろな方法があります。
【インターネット】 パソコン、ケータイ、スマートフォンなどのインターネットから24時間365日来店不要で契約申込ができる
【店頭窓口】 借り入れ金額や返済計画などを相談しながらお申し込み
【自動契約機】 パネル操作で気軽に一人でお申し込み
【電話】 来店不要でお申し込み
【郵送】 じっくり検討のうえお申し込み

申込方法の中でも人気なネット申込

インターネット申込は24時間いつでも受付しているので、時間を気にせずご都合の良い時に気軽に申し込めるのが便利です。 来店不要なので家族や友人や会社の人などにお金を借りている姿を見せたくない方や、外出の手間をかけずに申し込みをしたい方などに人気があります。 また、電話申し込みや自動契約機申し込みをする前に、事前にインターネット申し込みを行っておくことで審査待ちの時間が短縮できるなど、メリットの大きい申し込み方法となります。

〜ステップ2〜

審査&回答

各社ともに、審査に対応している時間が決まっています。 審査にかかる時間は、審査申し込みをした時間やタイミングなどによってことなりますが、 24時間365日受付可能なインターネット申し込みの場合、カードローンを申し込んでから審査回答最短30分など、即日融資に強い申し込み方法となります。 審査が終わると、電話やメールで審査結果の連絡が届きます。

〜ステップ3〜

選べるご契約方法

審査が通ったら、本人確認書類や収入証明書を提出してカードローン契約を完了させます。その際にはさまざまな書類の提出方法があります。 インターネット申し込みと組み合わせると、来店不要で手間をかけずに契約を済ませることができます。
アップロード提出
FAX提出
郵送提出
自動契約機手続き

選べるお金の借り方

カードローンを利用する際には、カードローン契約が必須ですが、その前に必要なのが審査申込です。 銀行窓口での店頭窓口申し込み、自動契約機(無人契約機)での申込み、電話申込、郵送申し込みなど、カードローンの申込方法はいくつかありますが、来店不要で誰にもバレずに申し込めるなど利便性が高いのが、スマートフォン・パソコン・ケータイから24時間365日いつでも申込OKなインターネット申し込み方法です。

【銀行店舗ATM、提携コンビニATM、提携銀行ATM】
全国の銀行店舗ATM(店頭ATM)や提携銀行ATMはもちろんのこと、セブンイレブンでお金借りるなど提携コンビニATMなら24時間いつでもお金を引き出すことができるので、 思い立ったら時間も曜日も気にせず気軽にお金を借りることができます。 また、自動契約機でカード発行をした際には備え付けのATMでお金借りるなど、 便利にキャッシングを利用することができます。 atmでお金を借りる方法は、営業が決まっているほかの提携ATMよりも対応時間が長く、コンビニ自体が町中にたくさんあるのでお金を借りるまでの時間も短くて済みます。 ATMからの現金引き出しなら定期メンテナンス以外の時間帯であれば曜日にこだわらずいつでも利用できますが、一部の銀行を除いて土曜日、日曜日、祝日(祭日)などの休日には、基本的に即日振込キャッシングによる即日借入ができません。 平日夕方、平日夜間、土日祝祭日などは時間帯などによって振込キャッシングは利用できないので、自動契約機・無人契約機・ローン契約機でローンカードを即日発行したうえで備え付けの店舗atmで引き出しか、24時間利用可能な提携コンビニATMでの借入が確実で便利です。 コンビニキャッシングのやり方としては、提携atmにローンカードを挿入して、画面の指示に従って選択していくだけで、簡単に借入できます。

【振込キャッシングでお金借りる方法】
インターネットや電話で、公式サイトにある会員ページにログインして申込(振込予約)をすれば、ご指定の口座へ振り込みキャッシングができます。ネットでお金を借りるので、外出不要(来店不要)で誰にもバレずに気軽にお金を借りれるのが便利です。 また、家賃の引き落としやクレジットカード利用額の引き落としのお金が足りない!あるいは、他社への振り込み支払のお金が必要など、手元に現金が必要なのではなく、口座に直接お金が欲しい場合には、振込キャッシングが最適です。 ATMなどで借りたお金をわざわざ自分の口座に入金しに行く…といった手間も省けます。

郵便局でお金を借りる方法とは

銀行でお金を借りるとなると忘れられがちですが、お金借りる際にはゆうちょ銀行からの借入もおすすめです。 元々が国営だったゆうちょ銀行(郵便局)は信頼度も高く、安心してお金を借りることができます。 また、ゆうちょ銀行は代理業者としてスルガ銀行の個人ローンのお申込みも受け付けていますので、スルガ銀行のローンを利用したいけど近場に相談しながら申し込めるところとがない!といった場合などにも、局員さんに相談しながら申し込めるので便利です。
・財産形成貯金担保貸付け:財形定額貯金や財形年金定額貯金または財形住宅定額貯金を担保として、所定の金額まで最長2年の貸し付けを受けられる
・貯金担保自動貸付け:通常貯金の残高を超える払戻しの請求があったときに、総合口座で管理する定額貯金や定期貯金を担保として、自動的に貸付けを行う
・国債等担保自動貸付け:通常貯金の残高を超える払戻しの請求があったときに、総合口座で管理する国債を担保として、自動的に貸付けを行う

大口のお金を借りるなら低金利な銀行で

これから初めてお金を借りる人は、まずお金を借りるなら 銀行が良い!と思いますよね。 お金借りる際に銀行を選べば、何と言っても低金利でお金借りることができるし、なんといっても銀行ならではの安心感や信頼度もあります。 一口に銀行借入方法といっても、銀行にはさまざまな種類のローンがあり、養育費を銀行で借入したい方や、自動車ローン(カーローン)や住宅ローン(マイホームローン)を組みたい方などの目的別のローンもあれば、借入目的は問わずに使い道が自由な銀行カードローンなど、たくさんの種類のお金の借り方があります。 こちらでは、その利便性からどんどん利用者が増えている銀行のカードローンについて詳しく説明しています。

銀行カードローンのメリットとは

・お金借りる際に金利安いので大口借入や長期借入に適している
・お金借りたいけど安心して借り入れしたい方に最適
・給料振込や貯蓄など、普段から使い慣れている
・銀行のキャッシュカードでお金を借りることができる(一部銀行)

銀行カードローンのデメリットとは

・審査に時間がかかるため即日融資ができない
・審査が厳しい
・他社借入件数が多いと審査に通らない
・無利息期間がない
・口座開設が必要(一部銀行では口座開設不要)

銀行カードローンでお金を借りる基礎知識

お金借り方として銀行は非常に人気があります。同じお金を借りるなら、少しでも低金利でお金借りて支払い利息の負担を減らしたい!そのためには、お金を借りるなら銀行が良い!と思うのは当然のことです。 銀行審査に自信がある方、急いでお金を借りる必要がない方などは、ぜひとも銀行のカードローンでお金を借りましょう!! また、お金借りるなら 口コミをチェックして納得のいく銀行を選ぶのも良いかもしれません。

銀行でお金を借りる条件とは

銀行カードローンでお金を借りるためには申込条件があります。こちらの条件をクリアすることで申込OKとなります。
・年齢が満20歳以上65歳未満の個人のお客さま ※年齢は一例です。上限年齢は業者によって異なります
・原則として安定した継続収入があるお客様
・日本国内に居住している方
・銀行指定の保証会社の保証を受けられる方

銀行でお金を借りる必要書類とは

銀行からお金を借りるためにカードローン契約をする際には、必ず本人確認書類が必要となります。こちらは顔写真付きが望ましく、提出書類に顔写真がついていない場合には、別途、住民票や公共料金の領収書などのも補足資料などの提出が必要となります。 これらの必要書類は、インターネットからアップロードしたり、店頭窓口や店舗窓口や自動契約機で提出したりできます。

本人確認書類
運転免許証、パスポート、個人番号カード、在留カード、特別永住者証明書、そのほか、住所、氏名、生年月日が記載されている顔写真つきの公的証明書類
※顔写真つきの本人確認書類がない場合や証明書に記載の自宅住所と現在お住まいの自宅住所が異なる場合には、健康保険証+補足証明書1点など発行日から6ヶ月以内の補足書類の提出が必要
【本人確認書類の補足資料】
・住民票
・電気、ガス、水道、固定電話(携帯電話の領収書は不可)、NHKなどの公共料金の領収書のうちいずれか1つ
・納税証明書

収入証明書類
源泉徴収票(公的年金等の源泉徴収票および退職所得の源泉徴収票を除く)、直近2ヶ月分の給与明細書、住民税決定通知書(特別徴収税額の決定・変更通知書)、納税通知書、確定申告書、青色申告決算書、収支内訳書、支払調書、所得証明書、年金証書、年金通知書

急いでお金を借りるなら銀行系消費者金融

ここまで銀行からお金を借りる方法や銀行でのお金の借り方をご紹介してきましたが、銀行はほかの借入方法と比べても審査が厳しいこともあり銀行からお金を借りれない人も一定数いるため、お金借りたいけど審査通らないという方向けに、また、すぐにお金を借りたい方のために、即日融資でお金借りる おすすめの方法として、銀行系カードローンをご紹介します。 プロミス、アコム、SMBCモビットといった大手の銀行系消費者金融や東証一部上場のアイフルといった大手消費者金融では、審査回答最短30分や申し込んでから最短1時間融資といった具合に、今日中にお金を借りたい!今すぐにお金を借りたいといった即日融資希望の方にも対応しています。 また、これらの業者は、お金借りるサイトやお金を借りるランキングが掲載されている情報サイトなど、口コミや評判などもすぐに見聞きできるので、その点でも安心です。

銀行系消費者金融カードローンとは

お金を借りる際に話題となっている銀行系の消費者金融とは、銀行のグループ会社や子会社など銀行が関連している企業であるため、銀行ならではの安心感や信頼感がありながらさらに消費者金融として即日融資にも対応している大手の消費者金融です。 一昔前までは、消費者金融というとちょっと不安なイメージもあったかもしれませんが、いまは、SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス、三菱UFJフィナンシャル・グループのアコム、三井住友銀行グループのSMBCモビットなど、銀行グループでテレビコマーシャルやインターネットCMでもお馴染みの大手企業が主流となっていて、安心してお金を借りることができる会社や安全にお金を借りる場所が増えています。 また、銀行グループなので、提携ATMとして関連銀行のATMが利用できるため、お金を引き出す際にも返済する際にも、身近で馴染みのある銀行で対応できるので非常に便利です。

代表的な消費者金融

銀行系大手消費者金融のメリットとは

・審査回答最短30分や申込から最短1時間融資など即日融資が可能
・銀行審査に自信がない方に向いている
・初めて利用の方は30日間金利0円などの無利息期間がある(お金借りる際に無金利で借りれる)
・一定金額までは収入証明書の提出が不要ですぐに手続きできる
・公式の会員サービスやスマホアプリが充実
・レディースキャッシングなど女性向けサービスも充実している
・銀行カードローンとは違って口座開設が不要
・来店不要で誰 にもバレずにカードローン契約ができる
・利息は日割り計算なので利息負担が必要な分だけで済む

銀行系大手消費者金融のデメリットとは

・銀行と比べて金利が高い(長期借入に向いていない)
・総量規制の対象なので原則として年収の3分の1までの金額しか借入れできない(高額借入に向いていない)

お金を借りるための基礎知識

総量規制ってよく聞くけどなんなの?
個人向け貸付けを対象として、貸金業法により2010年6月18日に完全施行されたもので、原則として個人の借入総額が年収の3分の1を超える貸し付けができないという規制。 消費者金融カードローンやクレジットカードのキャッシング枠での借り入れも総量規制の対象となります。

話題の三井 住友 カード ゴールド ローンとは何?
なにかと話題の三井住友カード ゴールドローンは、三井住友カードということもあり信頼のおけるカードのため安心感と信頼感があります。 三井住友カードの目的別ローンと同様に審査がある三井住友カード ゴールドローンですが、資金使途が自由なため非常に使い勝手がよく、日常使いにもたいへん便利です。 三井 住友 カード ゴールドローンには審査の一環として在籍確認がありますが、担当者個人名で電話がかかってくるので安心です。 三井 住友 ゴールド カード ローンの審査状況は、公式サイトの審査状況照会ページからお申し込み番号・生年月日(西暦)と電話番号を入力することでご確認いただけるので、とても便利です。

また、公式サイトにて三井住友 キャッシングリボ返済額のシミュレーションも行えるので、気になる方はチェックしましょう! さらに、三井住友 ゴールド ローンは、増 枠もできるので、カード発行後に利用しているうちに上限金額が足りないな…と思ったときなどは、「ゴールドローン増枠申込書(資料番号:3304)」をご請求の上、お申し込み可能です。

闇金融業者(ヤミ金)とは
お金を借りる際にいつの時代も頭を悩ませるのが、キャッシングセレクトなどの闇金融業者…通称ヤミ金です。 自分には関係がない…と思われがちですが、審査に落ちてばかりだけど今すぐ借りたいからと激甘審査ファイナンスをお探しの方や、お金を借りたいけど借りれないから審査なしでお金借りれるところを探している方などは、個人間融資掲示板なども含めてご本人が意図しないままに、いつの間にか闇金融業者から借入れをしていた…といった事案も発生しています。 また、なかには今すぐ借りれるヤミ金を知りたい!キャッシングが通らないなら極甘審査ファイナンスで借りればいい!と、自らヤミキンを希望されますが、いくらお金借りるにあたって審査通らないとしても、闇金融を利用すると、法定金利を大幅に超える利息を要求されたり、返済が滞った際には無理な取り立てがあったり…と、トラブルになりかねません。 最近では、カードローンキャッシングをするには年齢が満20歳を越えなければカードローン契約をできないことから、ソフト闇金でお金借りる高校生やお金借りる 学生なども増えています。 審査がある以上はその審査に通らなければお金を借りれないので、世の中に絶対お金貸してくれるところというのはありません。審査もないしお金を借りるなら 極甘審査ファイナンスが良いという方もおられますが、審査なしのローンで安全にお金借りれる保証はありませんし、お金借りる際に即日で審査なしといった好条件のところは、ほぼ闇金融業者との認識を持って正しく対処しましょう。 なお、闇金業者かどうかわからない…といったときにお金を借りるなら 知恵袋で質問をすると、利用者やその業者に関する知識がある方が応えてくれるので便利です。

無職の人が銀行でお金借りることはできません
お金 借りるにあたって無職である場合には、まず、銀行からお金を借りることはできないと考えて間違いありません。というのも、銀行は数ある借入先の中でも特に審査が厳しいからです。 審査のひとつでもある勤め先への在籍確認でも電話をかける先がありませんし、銀行の場合は、保証会社の保証を受けられる方が条件となっているので、返済のめどが立たない無職の方の場合には、審査に通ることはまずないと考えられます。 今すぐお金を借りたいけど無職である、お金が緊急で必要だけど無職なのでアテがない…という方は、市町村や国の支援制度を利用する手もあります。 ただし、こういった役所などの場合には、それなりの手続きを踏まなければいけないため、お金借りる即日借入を希望しても無職の方の場合は、手続きが済み実際に支援を受けられるまでには時間がかかる点は考慮しておいてください。 また、無職だけどお金借りたい方の中には、無職でも借りれるソフトヤミ金をお探しの方もいらっしゃるようですが、お金を借りれたその時は良いのですが、法定金利を超えた利息を請求され元も状況以上に厳しい事態となってしまうので、闇金融業者の利用は控えたほうが良いでしょう。

お金を借りる流れエントリー一覧