三菱UFJ銀行カードローン

三菱UFJ銀行カードローン

三菱UFJ銀行カードローン



実質年率 1.8%〜14.6% 限度額 500
万円
保証人 不要 口座開設 不要




【2大条件】厳選の2社

すぐにお金を借りたい!という方は審査が早く即日融資可能な銀行系をチョイス!! 低金利でお金を借りたい!安心感がほしい!という方は大手銀行をチョイス!

会社一覧

同時にお申込みをする際は、最大3社までがベストです(ご融資の確実性を上げるため)
休日 詳細情報 金利 融資限度額 融資速度
プロミス 4.5% 〜 17.8% 500
万円
★★★★★
アコム 3.0% 〜 18.0% 800
万円
★★★★☆
三菱UFJ銀行 1.8% 〜 14.6% 500
万円
★★★★☆
じぶん銀行 2.2% 〜 17.5% 最大800
万円
★★★☆☆

三菱UFJ銀行カードローンの返済方法

何かと物入りになるこの季節。カードローンに興味はあるけれど、使ったことないからちょっと不安、という人も多いかと思います。 特に多い不安は、「きちんと返済できるかな・・・。」ということではないでしょうか。 そんな方にお勧めなのが、銀行のカードローン。銀行ならではの金利と限度額で、初めての人でも安心して利用できます。

こちらでは、三菱UFJ銀行カードローンの返済方法について詳しくみてみましょう。

三菱UFJ銀行カードローンの返済は、「自動支払いによる返済」と「ATMによる返済」の二つから選ぶことができます。 「自動支払いによる返済」の場合、三菱UFJ銀行の本人名義の普通預金口座から、自動支払いにより返済することができます。 自動で引き落としされるので、わざわざ振り込みに行く手間がありません。これなら、忙しい人でも安心して利用できますね。

「ATMによる返済」を選んだ場合、三菱UFJ銀行のATMはもちろん、セブンイレブン・ローソン・ファミリーマートなどの提携コンビニATMでも返済が可能です。 コンビニなら、いつでも手軽に返済ができて、とても便利ですよね。しかも、ATM利用手数料・時間外利用手数料は無料です。

次に、返済期日についてみてみましょう。申込時に、以下の2つの返済期日のいずれかを選ぶことができます。 まずは、「35日ごとのご返済」。35日ごとにATMより返済します。初回の返済は、借り入れの翌日から数えて35日以内に行います。 2回目以降の返済は、直近の返済日の翌日から数えて35日以内に行います。

もう1つが「毎月指定日返済」。希望の毎月指定日が返済期日となります。返済期日は分かりやすい方がいいという人は、こちらを選ぶと良いでしょう。 また利用後の返済期日の変更も可能なので、それぞれの都合に合った方法で返済することができます。

最後に、返済額についてですが、毎回の返済額は、返済期日の借入残高に応じた金額となります。 三菱UFJ銀行カードローンなら、月々の返済額は少額なので無理なく返済することができます。 もちろん、余裕がある場合は多めに返済することもできます。また、今回の返済に加え、随時の返済も可能です。

借入をする際には、計画的に利用することが最も重要です。 ホームページでは、毎月の返済額や返済期間などの試算をすることもできるので、カードローンに興味のある人や、返済に不安のある人は、一度試してみてはいかがでしょうか。

カードがあれば暗証番号を押すだけで簡単な三菱UFJ銀行でキャッシングする方法

三菱UFJ銀行は、首都圏ではとても有名で給料や公共料金の引き落としに利用している方も多いです。
安定感があり、安心して申込みを行うことができる銀行ですが、こちらではキャッシングを行うことができるカードを作ることができます。
お金が足りなくてどうにかしたいときなど、いつも利用しているような信頼ある会社にお願いをしたいときには申込みを行ってみるのもいいでしょう。
銀行に直接行き、その場で申込みを行うのも早いですが、今はインターネットを利用して申込みをすることもできます。
引き出しができるかどうかの審査が通ったのか結果がくるのも、最短30分などと早いので急いでいる方にもオススメです。
審査が通った時に、その場で専用のカードも発行してもらうことができますので、そのまま暗証番号を入れてキャッシングをすることも可能となります。
利用可能枠というものがあるので、その枠内であれば一度に現金を引き出すこともできますし、1万円以上から1万円単位であれば必要な分だけを引き出すことも可能です。
お金を借りた後の支払方法もその都度選んでいただくことができます。
例えばボーナスがもう出る時期で、一括で一気に返済ができそうであれば、一括を選ぶこともできますし、逆に生活費に不安がある時には無理のない範囲で返済ができるリボ払いを選ぶこともできます。
自分の今の生活にあった返済方法を選ぶといいでしょう。
海外でもカードについているブランドのマークがあれば、引き出し可能です。

三菱UFJ銀行の歴史

三菱UFJ銀行の歴史とは、バブル崩壊による金融機関の破綻を乗り越えるためのメガバンク再生、要するに体力の残っている方の銀行がより弱い銀行を吸収合併していく歴史でもあります。 三菱UFJ銀行のUFJは東海銀行と三和銀行のかかげたスローガンである預金者にこたえていく力のUnitedFinancialofJapanのことで、東海銀行と三和銀行は2002年2月に合併してUFJ銀行となりました。 その後、2004年11月に東京銀行と三菱銀行が合併して東京三菱銀行となり、2005年に東京三菱銀行がUFJ銀行を吸収合併、三菱東京UFJ銀行となります。 東京が三菱の後ろに回ったのは経営陣トップに旧東京銀行出身者が少なくなったためで、2018年にはとうとう東京の名前が消えて三菱UFJ銀行になりました。