オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン


実質年率 1.7%〜17.8% 限度額 最高800
万円
保証人 不要 口座開設 不要

オリックス銀行カードローンの特徴

お近くの提携ATMでご利用可能!
オリックス銀行カードローンはwebですべて完結致します。

【2大条件】厳選の2社

すぐにお金を借りたい!という方は審査が早く即日融資可能な銀行系をチョイス!! 低金利でお金を借りたい!安心感がほしい!という方は大手銀行をチョイス!

会社一覧

同時にお申込みをする際は、最大3社までがベストです(ご融資の確実性を上げるため)
休日 詳細情報 金利 融資限度額 融資速度
プロミス 4.5% 〜 17.8% 500
万円
★★★★★
アコム 3.0% 〜 18.0% 800
万円
★★★★☆
三菱UFJ銀行 1.8% 〜 14.6% 500
万円
★★★★☆
じぶん銀行 2.2% 〜 17.5% 最大800
万円
★★★☆☆

オリックス銀行カードローンの返済方法

お金を借りたいけれど返済で悩むのは、嫌だ。あらかじめ一定額の返済で余裕を持って返済を終えたい。 そんな方にお勧めします。

返済方法は下記のものとなり、自分の都合に合わせて選ぶことが出来ます。

1.指定口座からの引き落とし

自分の指定した口座から毎月引き落としで返済するようになります。 返済日は「毎月10日」もしくは「末日」から選び決定します。 (口座引き落としに対応していない金融機関がありますので詳細は公式サイトにてご確認ください。)

2.振込にて返済

提携ATMへ入金することによって返済ができます。 その際、振込手数料は発生しません。

3.返済専用口座への振込返済

あらかじめ自分専用の返済口座を用意してもらい、その口座へ入金することによって返済します。

4.随時返済

余裕があるときに随時返済することが出来ます。もちろん指定日に「一括返済」や「増額返済」することもできます。 その際、特に事前連絡は必要ありません。

次に返済方式ですが、利用残高に応じた額を毎月返済する「残高スライドリボルビング方式」を 採用しています。これは、借入した額によって返済額が変動するのではなく借入額の上限によって返済額が変わります。

例えばオリックス銀行カードローンでは、借入残高が30万円以下だったら毎月の返済額を7,000円としているので10万円借入しても30万円借入しても 月々の返済は7,000円となります。もし35万円借入をしたら30万円超50万円以下は返済額が1万円となりますので月々の返済は1万円ということになります。

上記のように定額の返済になるので自分に無理のない額で安心して借入することができます。 また、利息についてですが年利1.7%〜17.8%となっています。 20万円を年利12.0%で借りた場合7000円×34か月(1か月は5,712円の返済)で返済すると総返済額が236,712円で利息が36,712円となります。 上記は遅延せず返した場合の最高額です。 利息は1年を365日とした日割り計算で算出されますので早めに返済すればするほど返済額は、少なく済みます。

毎月、定額を返済してボーナス月に少しまとめて返済ということもできるので負担になりすぎることがないようあらかじめ計算しその範囲内で借入が出来たら 良いと思います。

カードデスクも設けられているので気になることがあったら一度お問い合わせください。

振込も即時な場合が多くオリックス銀行カードローンを利用できる提携の店舗/提携ATMの案内は便利なので見てみましょう

オリックス銀行カードローンでは店舗は持っていませんが、充実さたサービスと返済や借入の時の提携ATMが多数あります。
ですので返済の際に困るようなことはありません。
携帯電話でもパソコンからも申し込みができ、インターネットの中ですべての取引を行うことができます。
24時間インターネットは見ることができますので、手続きも24時間好きな時間に行うことができます。
申し込みに関しては、インターネットの申し込みフォームの他に音声ガイダンスやオペレーター受付でも行うことができ、特にオペレーター受付では直接話ができますので、疑問や聞いておきたいことがある場合には便利です。
審査が通過した後には、即時に希望の口座に振り込みができます。
もし、夜中でもすぐにお金がほしい場合には、ジャパンネット銀行の口座を持っていれば24時間振込が可能となります。
その他の金融機関に関しては、時間帯によって即時や翌営業日とあるので、事前に利用可能な時間を確認をしておきましょう。
お申し込みを行った際には、一緒にジャパンネット銀行の口座もあるといいです。
登録口座以外にも振込が可能となってもいます。
いざ別の口座にほしい場合にもお昼の決められた時間であれば即時振込が可能です。
主な提携ATMは、都市銀行、地方銀行を始め、全国にあるゆうちょ銀行でも振り込みが可能となっております。
全国にある提携ATMの98%前後もカバーしていますので、引き出しも含めて心配することなく利用もできます。

【即時振込サービス条件】
(1)契約後(カード発行後)
(2)登録口座、または振込専用口座にジャパンネット銀行を登録いただければ利用可能

<オリックス銀行カードローンの提携ATM>
セブン銀行ATM、ローソン、Enet、イオン銀行、ゆうちょ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、西日本シティ銀行

特定分野に特化した商品の提供をするオリックス銀行の歴史

オリックス銀行は日本の中では比較的新しく設立された信託銀行です。
本店は東京ですが店舗は持たず、ATMもありませんのでキャッシュカードの発行もしていません。
となると取り引きはどうやって行うのかというのが気になりますが、インターネットバンキングを利用して基本的な取り引きを可能としています。
その上で、ATMの利用を制限することで利息を顧客に還元しているのです。
そのため定期預金の金利が高いなどのお得な面があります。
さらに他の銀行のような総合サービスの提供ではなく、預金、金銭信託、ローンのみの特定分野に特化した商品の提供をすることで条件のいい商品の提案ができるようになっているのが特徴です。
オリックス銀行は、1993年に設立された山一信託銀行株式会社がはじまりとされています。
当時、山一信託銀行株式会社は山一證券の子会社でした。
しかし1998年に山一證券が自主廃業し、これによりオリックスに譲渡、オリックスグループに加入をしたことでオリックス信託銀行株式会社へと商号を変更しています。
1999年には既存する銀行を会員として銀行業界の発展と活動を支える活動を行っている全国銀行協会へ加入、日本の都市銀行、地方銀行、第二地方銀行のほとんどが加入している一般社団法人です。
その翌年には総資産1兆円に達しています。
そして2011年、オリックス信託銀行株式会社からオリックス銀行株式会社へ商号を変更し現在へ至ります。