債務整理とは

債務整理とは

実は種類がある債務不履行を理解しましょう

お金を借りる際のローン契約や商品の売買契約において、代金が払われなかった場合は債務不履行という言葉を耳にすることが多いのですが、実は正確には3種類に分けることができます。
先ずは履行遅滞と呼ばれるもので、なにかの期日がありそれに伴う約束か期日までに実行されなかった場合で、お金借りたいなどローン契約の返済が過ぎた場合の多くはこれに当たります。
次に履行不能と呼ばれるものですが、約束の期日が迫った時などに自身に履行を行うことができない事象が発生したことを言います。
生活の中で大怪我を負ってしまった場合などが、これに当たります。
最後に不完全履行と呼ばれるものですが、ローンなどの契約で50万返す約束だったのが40万までしか返すことができなかったなど、最後まで完成することができなかった状態のことを言います。
民法上では債務不履行により損害等が発生した場合は損害を補填したり、契約をなかったことに出来るというように定めてあります。
そして、お金を借りたいときでもこのことは連帯保証人になった時も同様に課せられるので非常に注意が必要です。
なので、もしも自身に債務があり債権回収業者にて委託された場合などはそれに伴う費用等を請求されてしまう場合があります。
ですが、現実問題として最初から詐欺を行うつもりの人以外は不履行を行おうという人もいないはずです。
なので、何らかの形で債務を負うことがある場合については、自身できちんと終わらせることができるかというのが重要になってきます。

債務を法律で解決してくれる仕組みが債務整理

借金が膨らんで困っているときは、節約をして返済していければ一番いいでしょう。
また、一本化やおまとめローンを利用する手もあり、数社を1社にまとめることができれば、随分と返済は楽になるはずです。
これらの方法で借金を返済できれば理想ですが、それができないほど返済が厳しい状態ならば、法的な解決方法、いわゆる債務整理で解決するしかありません。
法の力を借りて解決するので、その効力は非常に高く、借金の取立てが即座にストップするほどです。
債務整理を行うためには、弁護士、司法書士のいずれかに相談するのが基本となります。
「高額な相談料がかかる」と思われている方も多いようですが、借金相談の場合は無料、もしくは格安で請け負ってくれるのが普通です。
依頼報酬は実際に債務整理をする場合は必要になりますが、相談だけで依頼しないならば1円もかかりません。
法律家に相談して、今よりも状況が悪化することはなく、必ず解決の糸口が見つかるはずです。
相談した方は、解決策が増えることで、スッキリした顔をして帰られることが多いです。
自力返済が困難な目安としては、「借金が増えている、または1円も減らない状態」が続いていることです。
また、利息分の返済だけで相殺されてしまい、毎月数百円くらいしか元金が減っていかないなど、完済までの見通しがまったくつかない場合においても、自力返済は難しいと考えるべきでしょう。
いずれにせよ、困ったときは弁護士・司法書士の力を借りてください。

関連ページ

ブラックリストとは
ブラックリストとは!?こちらでは「ブラックリスト」に関する情報を公開しています。
闇金融(ヤミキン)とは
こちらでは闇金融(ヤミキン)に関する情報を公開しています。
任意整理とは
任意整理とは!?こちらでは「任意整理」に関する情報を公開しています。
自己破産とは
自己破産とは!?こちらでは「自己破産」に関する情報を公開しています。
免責とは
免責とは!?こちらでは「免責」に関する情報を公開しています。
保証人とは
保証人と連帯の付く場合は如何違うのか?!こちらでは保証人に関する情報を公開しています。
連帯保証人とは
連帯保証人とは!?こちらでは「連帯保証人」に関する情報を公開しています。
不良債権とは
不良債権とはなにかを知るための情報公開中です
ネガティブリストとは
ネガティブリストとは何かを知っておこう!ネガティブリストに関する情報を公開しています。