闇金融(ヤミキン)とは

闇金融(ヤミキン)とは

闇金融(ヤミキン)とは関わらないのが得策

マンガや小説などで取り上げられることの多い闇金融(ヤミキン)ですが、いったいどのような貸金業者なのでしょう。
闇金融というくらいですから、その営業方法は違法なものであることを知っておいてください。
例えば、町のガードレールなどに貼られているチラシやダイレクトメール、手渡されたティッシュペーパーなどに、どんな方にでも融資しますと書かれていれば、それは違法な闇金かもしれません。
誰にでも電話一本で融資してくれるというのですから、お金が必要な人にとっては一見便利な貸金業者のように思えます。
しかも、自己破産をした人や多重債務者など、他の貸金業者から融資を断られた人でも融資を行ってくれるため、最後の頼みの綱として利用する方もいるのが事実です。
ですが、利用した途端、法外な金利で苦しめられるのがオチでしょう。
ヤミキンの中には、十一といって10日で1割の金利が付いてしまうこともあります。
10日で1割の金利なら、10万円を10日間借りたとしたら11万円支払わなければなりません。
もちろん、これは利息制限法を超えていますから違法です。
なかには、年利1000%以上といった考えられない金利を取り立てている闇金融もあります。
しかも、回収方法を選ばないため社会問題化しているのです。
そのようなヤミキンとは関わらないのが得策ですが、もし関わってしまったのなら、最後までお金を搾り取られてしまう可能性もあります。
そこから抜け出すには、専門家を頼るしかないでしょう。

絶対に借りてはいけないヤミ金

ヤミ金からお金を借りるのだけは止めましょう。 こうした業者は全体の10%も存在しませんが、裏ルートで借りてしまうと遭遇してしまうので注意が必要です。
いちど借りてしまうと、業界仲間にリストが流れますので、何度もしつこく電話がかかってくることになります。 固定・携帯の番号、住所などを教えてしまうと面倒なことになるでしょう。 ヤミ金の特徴は、法律を無視した貸付を行っていることです。
信じられないほどの高金利で貸し付けており、年利にして100%を超えるところもあります。 これは、1年間で100万円の借金が200万円になるということです。
現在は最高20%以上の金利は認められていませんので、こうした超高金利は払う義務がありません。 しかし、悪徳業者に遭遇する人の大半は、金利に関する知識を持ち合わせていませんので、そのまま支払ってしまうことになります。
いちど支払った金利は、取り戻すことは困難だと考えたほうがいいでしょう。 悪徳業者は店舗を持っていないケースが多いためです。 ヤミ金を避ける方法はいたってカンタンです。 名前の知れた有名業者から借りればいいのです。
テレビで放映されているキャッシング業者や銀行ならば失敗はありません。 ただ、これらの金融機関とそっくりな名称を名乗る悪徳業者は存在するので注意しましょう。 いずれにしても、気になる業者が見つかったら、その業者についてよく調べるべきでしょう。
少しでも不安があったら、有名大手を利用しておくのが間違いありません。

関連ページ

ブラックリストとは
ブラックリストとは!?こちらでは「ブラックリスト」に関する情報を公開しています。
任意整理とは
任意整理とは!?こちらでは「任意整理」に関する情報を公開しています。
債務整理とは
債務整理とは何かを知っておこう!債務整理に関する情報を公開しています。
自己破産とは
自己破産とは!?こちらでは「自己破産」に関する情報を公開しています。
免責とは
免責とは!?こちらでは「免責」に関する情報を公開しています。
保証人とは
保証人と連帯の付く場合は如何違うのか?!こちらでは保証人に関する情報を公開しています。
連帯保証人とは
連帯保証人とは!?こちらでは「連帯保証人」に関する情報を公開しています。
不良債権とは
不良債権とはなにかを知るための情報公開中です
ネガティブリストとは
ネガティブリストとは何かを知っておこう!ネガティブリストに関する情報を公開しています。